1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

スワイプ、回転、タップ、クリックが可能な魔法のような指輪型ウェアラブルデバイス「Nod」が凄い!

指輪型ウェアラブルデバイス「Ring」が話題となっている今、それに対抗してアメリカの企業も指輪型ウェアラブルデバイス「Nod」を開発し今年の秋までに発売することを発表している。現在事前予約が開始されているという。

更新日: 2014年06月11日

alive1984さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
94 お気に入り 36138 view
お気に入り追加

・ 指輪型ウェアラブルデバイス「Nod」に注目が集まる!

メガネ型ウェアラブルデバイスが流行しつつある中、ジワリジワリと指輪型も流行の兆しが...。日本発の『Ring』だけでなく、米カリフォルニア州のNod社も指輪型デバイスを制作中。

Nodを開発しているのは、米カリフォルニア州シリコンヴァレーに拠点を置くNod社。アマゾン、アップル、グーグル、フェイスブックといった企業で経験を積んだエンジニアやプロダクトマネジャーが結集した小規模チームが開発にあたった。

サイズはS、M、L、XLの4種類。他の指輪型デバイスが細かくサイズを設定しているのに対してずいぶんと大雑把ですが、常時装着しているわけではないという割り切りがあるのかもしれません。

サイズは4種類

指の太さに対応している

Nodという指輪型デバイスで、モーションセンサによりスマートフォンを操作したり、hueやNESTなどの家電を操作したりすることが可能。接続はBluetoothです。

「Ring」が指輪のようなシルバー仕上げなのに比べて「nod」はシンプルなマットな黒のデザイン。

装着するとこのような感じ

まるで魔法の指輪みたいだといわれている

発売は秋の予定。ただし、いまのところ米国内にしか発送してくれないようです(近々国際発送にも対応するようです)。

Nodの特長として

素材はジュエリー級のステンレス製で、2個のCPU、柔軟性のある回路を含む80個のコンポーネントで構成される。

中身は細かい設計となっている

指にしっかりフィットする

iPhoneやandroid、Windows、Macだけでなく、GoProなどとも連携可能で守備範囲がかなり広い。

指差す方向でカーソルの位置を移動させ、親指でスイッチやタッチセンサーを操作。

出典juggly.cn

キーボード操作も可能

ゲームの操作可能

出典tec55.net

電子書籍もサクサク

スワイプ、回転、タップ、クリックなど、タッチパネルと同じ様な動作を識別できるんです。

また、キーボード操作など、細かな動きにも対応するのもメリットだろう。スマートテレビなどでコンテンツを検索する際、スクリーンに映し出されるキーボードをNodをはめた指で操作できる。

Nestなどのスマートサーモスタットであれば、手で円盤状の調節計を回す仕草をすることで温度調節をしたり、音楽プレイヤーであれば楽曲の再生やシャッフルがジェスチャーで行える。ゲームの場合、オブジェクトを3つのディメンションから操作し、スライスやダイスが可能という。

1 2





主に海外ニュースを中心にまとめ記事を作成しています。

その他ざっくばらんにまとめ記事を作っていたりと・・臨機応変にやっていますので宜しくお願いします。

このまとめに参加する