出典 kendouzou.blog115.fc2.com

歓楽的な温泉都市大分県別府市の観光開発に尽力し、田園的な温泉保養地由布院の礎を築いた実業家、油屋熊八。「別府亀の井ホテル」の創設者であり、別府駅前の銅像「ピカピカのおじさん」でも知られる油屋熊八は、当時まだあまり有名でなかった別府を観光地にしようと、別府港にさんばしを作る運動をしたり、観光バスを通して日本で始めてのバスガイドを乗せたりしました。地獄めぐりも熊八のアイデアの一つだそうです。

この情報が含まれているまとめはこちら

さんまの座右の銘「生きてるだけで丸儲け」に込められた深い思い

「お笑いモンスター」ともあだ名される明石家さんま。そんなさんまの座右の銘として「生きてるだけで丸儲け」というものがあります。根っから明るくポジティブなさんまらしい名言として知られていますが、実は様々な「死」を乗り越えてきたさんまがたどり着いた一つの境地を表す言葉でもありました。

このまとめを見る