出典 shunnosuke-toretate.blog.so-net.ne.jp

さんまの継母は、ほとんどさんまを完全無視し、連れ子である弟にばかり愛し続けたという。それでもさんまは継母と仲良くしてもらおう、反応してもらおうと毎日毎日必死で面白いことを考えた。そんな「家でも外でも起きてる間は常におもしろいことを考え続ける」という幼少期の経験が、今のさんまのルーツになっているのかも知れない。

この情報が含まれているまとめはこちら

さんまの座右の銘「生きてるだけで丸儲け」に込められた深い思い

「お笑いモンスター」ともあだ名される明石家さんま。そんなさんまの座右の銘として「生きてるだけで丸儲け」というものがあります。根っから明るくポジティブなさんまらしい名言として知られていますが、実は様々な「死」を乗り越えてきたさんまがたどり着いた一つの境地を表す言葉でもありました。

このまとめを見る