出典 simeon-moon.blog.so-net.ne.jp

さんまは実の娘に命名する際、「生きてるだけで丸儲け」と言う意味と共に、いまる=数字の一の「い」、にちか=数字の二の「に」、さんま=数字の三の「さん」、しのぶ=数字の四の「し」と、大竹の連れ子であるニチカも含め、みんな自分の家族であるという意味を込めたという。さらに自分と継母の件があったからこそ、さんまはニチカをすごく可愛がり、家に帰ってもまずイマルより先にニチカに触っていたという。

この情報が含まれているまとめはこちら

さんまの座右の銘「生きてるだけで丸儲け」に込められた深い思い

「お笑いモンスター」ともあだ名される明石家さんま。そんなさんまの座右の銘として「生きてるだけで丸儲け」というものがあります。根っから明るくポジティブなさんまらしい名言として知られていますが、実は様々な「死」を乗り越えてきたさんまがたどり着いた一つの境地を表す言葉でもありました。

このまとめを見る