出典 article.wn.com

事故当日は、現在でもレギュラーでMCを務めているラジオ『MBSヤングタウン』の生放送があったが、番組はほぼ事故の報道に終始。途中、ようやく登場したさんまは「遺族のお気持ちを考えると、ちょっとお笑いトークはできませんね。しかも、日航123便は、この『ヤングタウン』に出演するための移動手段として、私もよく利用していたんですよ。今日も123便を利用する予定でした。身体がずっと震えています。もしかしたら、私も死ぬところだったかもしれない」と語り、その後はずっと曲が流されたという。

この情報が含まれているまとめはこちら

さんまの座右の銘「生きてるだけで丸儲け」に込められた深い思い

「お笑いモンスター」ともあだ名される明石家さんま。そんなさんまの座右の銘として「生きてるだけで丸儲け」というものがあります。根っから明るくポジティブなさんまらしい名言として知られていますが、実は様々な「死」を乗り越えてきたさんまがたどり着いた一つの境地を表す言葉でもありました。

このまとめを見る