1. まとめトップ

【タータンチェック】懐かしのベイシティローラーズ【昭和】

タータンチェックが流行ったあの時代を思い出してまとめてみました。

更新日: 2017年10月13日

yuuka1988さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 92128 view
お気に入り追加

ベイ・シティ・ローラーズ

ベイ・シティ・ローラーズ(Bay City Rollers)は、イギリス・スコットランドのエディンバラ出身のバンド。 1974年から1978年にかけて“タータン・ハリケーン”と呼ばれる、熱狂的な社会現象を巻き起こした人気アイドル・グループ。

出身地 スコットランドの旗 スコットランド エディンバラ
ジャンル ロック ポップス パワー・ポップ
活動期間 1965年 - 1981年

前身は1965年に結成された「サクソンズ(The Saxons)」というグループ。アラン(ベース)とデレク(ドラムス)のロングミュアー兄弟と4人の友人により結成され地元のパブ等で演奏するようになる。

地元であるイギリスのエジンバラで精力的に活動をする。徐々に人気を博してきた彼らは、バンドを管理するため、タム・ペイトンをマネージメントに迎え、ベル・レコードと契約。ここでバンド名をBay City Rollersとする。

マネージャーのペイトンは、幾度かのメンバーチェンジを行い、1974年にレスリー・マッコーエン(リードボーカル)、エリック・フォークナー(リード・ギター)、スチュアート・ウッディ・ウッド(サイド・ギター後にベース)、アラン・ロングミュアー(ベース)、デレク・ロングミュアー(ドラム)という5人編成になってから、「バイ・バイ・ベイビー」「サタデー・ナイト」などのヒット曲を生み出す。

彼は甘い声とマスクで世界中の女性を魅了・熱狂させることとなる。

大人気の中、年長者であるアラン・ロングミュアーが脱退し、イアン・ミッチェル(ギター)が新たに参加するが、同じ年にイアン・ミッチェルも脱退し、パット・マッグリン(ギター)が参加した。しかし、パット・マッグリンも短い期間で脱退となり、メンバーチェンジが激しい時期があった。

これによりウッディがBassに転向する。しかしイアンはすぐに脱退。一説には、エリックによるいじめに耐えかねてのことらしいが…

イアンの替わりにパット・マッグリン加入。

ローラーズ初来日

少女達の狂ったようなテンションが凄まじい。当時のマスコミもこぞって「少女失神」だの何だのとその熱狂振りを煽った。一部の学校では「Rollersのライブに行ってはいけない」と名指しで禁止令が敷かれたらしい。

高校生が授業をさぼってコンサートに行ったりして問題になりました。私の高校でもベイシティローラーズの曲を放送するのは禁止されてましたよ。

当時のグループの人気はすさまじく、英語も全くわからない未成年の日本人ファンが彼らに会う為、親に黙って渡英し行方不明になるという事件も起こった。発見されたときには、労働ビザ無しで日本食レストランの従業員として働いていたという。

5作目になる「It's A Game」の制作に取り掛かるも、バンド内の不和を理由にパットが脱退。

レスリーの脱退がきっかけで解散

以前からくすぶっていたレスリーとマネージメント(タム・ペイトン)との軋轢は、この時点でもはや隠し立てできないものとなっていた。来日中レスリーは、他のメンバーと一切行動を共にせず、取材も個別という有様。

1978年秋の3度目の来日公演を最後に、レスリーが脱退。新たにラビットのダンカン・フォール(リードボーカル/ギター)が加入し、グループ名を「ザ・ローラーズ」に改称して活動を続けたが、1981年に解散した。

1990年代になると『あの人は今!?』にも出演するなど、結局のところ繰り返し再結成は行われていたようである。初期のメンバーにはパイロットのデヴィッド・ペイトン、ビル・ライオールが在籍していた。ペイトンは日本でBeagle Hatとしても活動した。

主なメンバー

甘いマスクと歌声で、多くのファンを獲得し魅了したボーカリスト。
Rollers黄金時代は彼の存在なしに成し得なかっただろう。
ギターやドラムをプレイしている(させられている)映像も残っているが、当て振りという説が有力。ドラム叩きながら「Saturday Night」は歌えないでしょう。
ポップスボーカリストとしてかなりの実力を持ち、Rollers脱退後もソロとして活動、日本などでまずまずの成功を収める。
http://rock.princess.cc/rock-4/BayCityRollers.html

日本人女性と結婚し、息子のジュウベイ・リチャード・マッコーエンさんはモデルに。
「Les McKeown's Legendary Bay City Rollers」で活動。

実質的リーダーとして、バンドを牽引してきたギタリスト。作詞も担当。ハスキーな歌声も味があって個人的には好きだ。
ステージ上では、よくピチピチの短パンを着用している。解散後はソロなどを経てNew Rollersを立ち上げる。

1 2 3





yuuka1988さん

ニュースやツイッターや動画のまとめが多いです。