1. まとめトップ

ゆるキャラグランプリ2015初登場、哀愁漂うベテラン営業マン、ほく部長がキモかわ

広島県福山市の北部商工会議所のキャラクターのまとめです。キャリア30年のベテラン営業マン

更新日: 2015年07月18日

1 お気に入り 3910 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

murakamijpさん

ホク部長誕生の話

広島県の福山北商工会青年部は2013年12月5日、福山市北部地域の魅力をPRするシンボルキャラクター(デザイン案)に「ほく部長(仮)」を選定した。

今年7月より9月末までに行った『福山北のゆるキャラ大募集!!』に集まった823点の応募作品の中から、厳正なる選考と、地域の人々の投票によって選ばれた。

年季の入った眼鏡と鞄、黄色のネクタイ姿は、駅家町の服部川に生息するホタルと中年サラリーマンを合体させて生まれたとのことだ。

部長の概要

広島県福山市には歴史、文化、産業、自然といった魅力がもりだくさん!
広島県福山市北部にある「蛍祭り」の蛍を模様したスーツに身を包み地域の魅力を売り込む「福山北部地域の営業部長」・・・
略して ”ほく部長” です!
北部一筋30年のおベテラン営業マンが、もっと多くの人達にに福山北部の良さを知ってもらうため日夜走りまわります。

「福山北部地域の営業部長」・・・略して ”ほく部長” です!

眼鏡にネクタイ、手にはカバンを持つ中年姿。「ほく部長」の表情にはそこはかとない哀愁も漂う。

中年サラリーマンを組み合わせたキャラクター。「北部一筋30年、中間管理職はつらいよ」というコンセプトの「キモかわいい」キャラの評判は上々という。

新聞でもおっさん扱いは酷い

待望の着ぐるみ登場!

営業マンなので北部を売り込みに営業するらしい

LINEスタンプも哀愁漂う

グッツは商工会議所に行くともらえるかもw

現在福山北部商工会議所で2枚のステッカーが無料で配られている

地元夏祭りにうちわなども配られる予定

1