1. まとめトップ

夜尿症!?子どものおねしょ、原因と対策まとめ

小さいうちのおねしょはよくある事と気にならなかったけど、小学生になってもまだオネショが続いてる・・・これってもしかして夜尿症?夜尿症の原因って何?対策はないの?病院どうしよう・・・と色々気になったので子どもの夜尿症・おねしょについてまとめました。

更新日: 2015年08月01日

5 お気に入り 90469 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

y_redさん

おねしょって何?

おねしょは、寝ているとき、しらずしらずのうちにおふとんのなかに「おしっこ」をもらしてしまうことをいいます。

夜尿症って何?

5、6歳を過ぎても継続的に夜尿(睡眠中に無意識に排尿してしまう行為)が認められる状況を指す

「おねしょ」も「夜尿症」も寝ているときにおしっこをもらしてしまう事ですが、違いは年齢なんですね。
一般的には1週間に1回以上のおねしょが続いていれば「夜尿症がある」とするようです。

■子供の夜尿症(おねしょ)、原因は何??

幼児期のおねしょはよく見られ成長に伴い直っていきますので心配ありません。

小学生以降の子どもの夜尿症(おねしょ)の原因は、
親の育て方や子どもの性格だと言われることもありますが
体の機能が未発達のために起こることが多いです。

治療に大事な三原則

三原則の他に「ほめる、比べない」があります。
おしっこがでなかった時や治療の約束が守れた日など褒めてあげ
兄弟間で比べないようにしましょう。

1.起こさない

おねしょに気が付いても起こさないようにします。
夜中に無理に起こすと抗利尿ホルモンの分泌が減って症状が悪化する場合があります。

2.焦らない

"夜尿症の子どもには「おねしょは必ず治るのだ」ということを話してあげます。
安心させてあげ、そして、夜尿のなかった日にはほめてあげ、家族のみんながサポートしてくれているのだ、と子どもが感じること、自分で治そうというやる気をおこさせることがとても大事です。"
[夜尿症ナビより]

3.怒らない

おねしょをしたくてしてる子はいません。
体の発達の問題なので叱って直るものではなく、むしろ子どもの自尊心や自信を失ってしまうことになります。

■夜尿症のための生活改善リスト

1.規則正しい生活のリズムを心がける

夜更かしや不規則な生活は夜尿を悪化させます。
早寝、早起き、決まった時間の食事を心がけましょう。
朝食と昼食は、しっかり食べましょう。夕食は控えめにして、できるだけ寝る3時間前までに済ませましょう。

2.水分、塩分のとりかたに気をつける

寝る前に水分を摂り過ぎると、夜尿につながります。

ただし、水分はからだにとても大切ですので、朝食と昼食ではたっぷり取ってください。
昼食の後からは水分(ジュース、お茶、牛乳など)を控えめにし、夕食時から就寝まではコップ1杯程度までの水分摂取にとどめましょう。

塩分を摂りすぎるとのどが渇くので塩分の多い食事や間食も気をつけましょう。
また、たんぱく質の過剰摂取も尿量を増やす原因となります。

3.寝るときの冷えから守る

冷えは、尿が作られる量を増やし、膀胱が縮小することにつながります。特に冬は、下着を重ね、靴下を履き、ダウンベストを着る等により、体幹を冷えから守り、温かくして寝ましょう。

4.寝る前にトイレに行く

1 2