愛知県常滑市の市民病院で、入院していた小学1年生の6歳の女の子が造影剤を投与されたところ、呼吸困難の状態になり、死亡

出典6歳女児が造影剤を投与後に死亡 愛知 NHKニュース

10日、常滑署への取材で分かった。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

知らなかったではすまない!幼い命を奪った「造影剤」の危険性

造影剤投与の副作用により、アナフィラキシーショックを発症した6歳の女児が死亡するという事案が発生しました。医療シーンでは投与されることが珍しくない造影剤、その危険性をご存知ですか?

このまとめを見る