1. まとめトップ

【マンガ】黒子のバスケに登場する全必殺技・能力一覧(画像有り)

黒子のバスケに登場する、必殺技を一覧化しました。(関連ワード:技、黒子テツヤ、火神大我、相田リコ、黄瀬涼太、緑間真太郎、青峰大輝、紫原敦、赤司征十郎、ミスディレクション、ゾーン、エンペラーアイ)

更新日: 2015年06月22日

12 お気に入り 325098 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

chickenriceさん

<誠凛バスケ部>

▼黒子 テツヤ(くろこ てつや)

存在感の薄さを活かして、相手の注意をそらす技。オフェンス時のマークを外すだけでなく、ディフェンス時にも効果を発揮する。

飛んで来るボールに殴打もしくは掌底を加える事で繰り出す高速のパス。当初は火神しか取る事が出来なかったが、特訓により他の部員も取れるようになった。

イグナイトパスの強化版。大きく踏み込み、螺旋回転をかけたボールを勢い良く飛ばす。 火神しか取れない。

遠心力をつけ、一気にボールを加速させるパス。カウンター時に効果を発揮する。

相手の視線を火神に一瞬だけ誘導し、その隙をついて相手を抜き去るドリブル。火神が相手の視界にいないと使用出来ない。

ミスディレクションの効果を切れさせることで、
自分に注目を集め、味方を消えたように見せる事が出来る。

低い位置からシュートフォームに入る事で相手の視線を下げさ、そこからボールを急上昇させることによって相手の視界から一瞬ボールを外させる。

▼火神 大我(かがみ たいが)

余計な感情を排除する事でプレーに集中した状況で、選手の能力が最大限に引き出される。人それぞれで発動(ゾーンに入る)条件が異なる。ただし、使用時間は限られている。作中の描写では、瞳から光が出て、汗が引いた状態となる。

フリースローラインから飛ぶダンク。ゴールの上から叩き付けるように投げており、実際にリングには触れていない。ゾーン状態でないと使用出来ない。

真のゾーンの領域。チームメイトとアイコンタクトのみで動きをシンクロさせる事で、チームメイトもゾーン状態となり、ゾーン状態となった仲間と、自身のゾーン速度に応じた連携が可能となる。

日向 順平(ひゅうが じゅんぺい)

あらかじめ重心を後ろに置く事で急激な後退を可能とする。これにより相手との間合いを取る事で、ブロックを届かなくさせるシュート。

木吉 鉄平(きよし てっぺい)

大きな手と握力で片手でボールを固定し、ボールを手放す直前でプレーを強引に変更する事で、相手の反応を見てからボールの出し方を変更できる。

リバウンド時、ボールをワンハンドキャッチする技。 ワンハンドであるため、ボールに対して最短距離で腕を伸ばすことが出来る。

伊月 俊(いづき しゅん)

コート全体の様子を脳内で上から見たように把握することが出来る。

ドリブルで抜かれた後にイーグルアイでボールの位置を把握し、相手のボールを後ろ向きのまま弾く技。

相田 リコ(あいだ りこ)

出典ameblo.jp

体を見ただけで、その選手の身体能力と伸び代がわかる。

<海上高校>

黄瀬 涼太(きせ りょうた)

自分の身体能力を超えない範囲で、相手の技を真似る事が出来る能力。一部、青峰の技を真似る事が出来るまでになったが、基本的にはキセキの世代の技は真似出来ない。

この能力を使用する事で、足りない能力を技術で補う事でキセキの世代の技も真似る事が出来る。使用時間は限られている。

高尾 和成(たかお かずなり)

イーグルアイよりもさらに視野が広く、コート全体の様子を脳内であらゆる角度から把握することができる。ミスディレクションの天敵。

<秀徳高校>

1 2