健康保険で出産とは妊娠4ヵ月(85日)以上を経過した後の生産、死産、人工妊娠中絶をいいます。正常な出産は健康保険の療養の給付の対象とはなりません。(異常出産の場合は病気として扱われます。)本人には「出産育児一時金」「出産手当金」が、被扶養者には「家族出産育児一時金」が支給されます。

出典JFE健康保険組合

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る