出典 www.nakamura-hosp.or.jp

よく「盲腸になった」「盲腸を切った」と呼ばれるときの盲腸とは、虫垂のことを指しています。虫垂とは大腸の一部である盲腸の先端に付いている細く小さな器官であり、ここが炎症を起こすと「虫垂炎」と呼ばれる、一般的に「盲腸になった」と呼ばれる状態になります。

この情報が含まれているまとめはこちら

もう切っちゃった?無用と思われてた盲腸が実は大切な器官だった

長らく人体にとって不用な器官だと思われてきた盲腸。しかし最近の研究によると、盲腸は人間の健康を維持していく上で、重要な役割を担っていることが明らかになってきました。そんな最近の盲腸研究についてまとめています。

このまとめを見る