出典 www.med.osaka-u.ac.jp

右下腹部の盲腸から伸びる小さな虫垂は、長く私たちの体にとって不必要な組織と考えられてきました。しかし大阪大学大学院医学系研究科感染症・免疫学講座の竹田潔教授らの研究により、虫垂のリンパ組織が、粘膜免疫で重要な免疫グロブリン(Ig)Aを産生しており、腸内細菌叢の制御に関与している事をはじめて発見されました。元々虫垂には、リンパ球の集まった場所(虫垂リンパ組織)があり、何らかの免疫学的機能を有している可能性が考えられていました。

この情報が含まれているまとめはこちら

もう切っちゃった?無用と思われてた盲腸が実は大切な器官だった

長らく人体にとって不用な器官だと思われてきた盲腸。しかし最近の研究によると、盲腸は人間の健康を維持していく上で、重要な役割を担っていることが明らかになってきました。そんな最近の盲腸研究についてまとめています。

このまとめを見る