1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

amazonmanさん

外患誘致罪

実際に本罪で処罰された者は、戦前戦後を通して一人としていない。

 外患とは、もともとは「敵国によるわが国の主権侵害の危険」全般を示す語であったが、戦後、戦争の放棄を謳った日本国憲法下において、いわゆる利敵行為という概念がなくなったため、「外国がわが国へ武力行使をしかける」ことだけをそのまま外患としている。この81条についても、戦前は、「外国に通謀して帝国に対し戦端を開かしめ」ることと、「敵国に与して帝国に抗敵」することの2つを規定していた。後者は、現在の外患援助罪の概念に吸収されている。(後述)

 ちなみに、内乱罪も大層な犯罪ではあるが、革命には政治犯的性格もあり、外患を利するような破廉恥、国賊とは根本的に違うため、規定にも一定の斟酌が見受けられる。(懲役刑でなく禁錮刑、身分犯規定である等。)

適用される罪は死刑のみ

外国の政府に、日本を侵略・攻撃するよう依頼して、日本に対して武力を行使させた時の罪です。
外国の軍隊による侵略だけでなく、ミサイル攻撃なども含まれます。
死刑となる犯罪の中で唯一、死刑のみが適用される罪で、現在の法律の中では最も重い罪と考えられています。

しかし適用された前例はなし

鳩山由紀夫元首相の発言が危ないらしい

こんな声も

鳩山由紀夫を逮捕できることが判明。
刑法第三章に「外患に関する罪」というのがあり、第81条に[外患誘致]外国と通謀して日本国に対し武力を行使させた者は、死刑に処する。と記述があります。最高で死刑ではなく、死刑しかないところがポイントです。

今後もし、中国と日本が尖閣諸島において武力衝突があれば鳩山由紀夫は死刑を免れられないということです。

また、第87条[未遂] 第八十一条及び第八十二条の罪の未遂は、罰する。ともあるので、未遂であっても確実に逮捕をして裁判にかけることが可能です。

1