1. まとめトップ

「自殺」ではなかった-愛媛県四国中央市で起きた悲しい殺人事件

2014年6月11日、愛媛県警は四国中央市の八木橋喜美男容疑者を傷害致死の容疑で逮捕した。2011年、八木橋容疑者の娘・八木橋あゆみさんが死亡、当時警察は自殺として処理していたが、「自殺ではない」との通報があり再捜査していた。ちなみにあゆみさんには知的障害があり八木橋容疑者から虐待を受けていた。

更新日: 2014年06月12日

1 お気に入り 48720 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ayupon3さん

傷害致死容疑で逮捕された「父親」

▼2014年6月11日
愛媛県警が四国中央市中之庄町の無職、八木橋喜美男容疑者(59)を傷害致死容疑で逮捕した

▼2011年4月13日
自宅で長女あゆみさんの首をロープのようなもので絞めて意識不明にし、翌日午前に搬送先の病院で低酸素脳症で死亡させた

当時、八木橋容疑者は警察に「あゆみさんが廊下で首を吊っているのを発見し、病院に運んだ」と説明していた

「自殺」と判断されていた娘の死

愛媛県警は自殺と判断、司法解剖はしなかった

警察は現場の状況などから自殺と判断していた。

「自殺ではなく事故」との通報が

再捜査の結果、ロープのような物で首を絞められて死亡していたことが分かった

再び家族から事情を聞くなどしたところ、父親がロープのようなもので首を絞めて虐待していて、死亡した疑いが強まったという。

あゆみさんが意識不明になった後、家族全員で病院に搬送。同容疑者はあゆみさんが首つり自殺を図ったように偽装した

-虐待を受けていた可能性があったあゆみさん

-2010年7月
市内の医療機関から、家族から虐待を受けた疑いがあるとして警察に通報があった

長女はけがをした状態で2度保護され、病院などから県警に対し、長女が虐待を受けていた疑いがあるとの情報も2件寄せられていた。

-2011年(事件の3か月前)
あゆみさん本人が「父親から暴力を受けている」と警察に通報していた

警察は女性が頭などにけがをしていることを確認したうえで、父親から事情を聞いていましたが、「虐待の事実を認定できない」として、女性と父親を自宅に戻した。

愛媛県警察本部は

▼愛媛県警察本部
「犯罪死を見逃したことは誠に遺憾だ。今後は検視官を積極的に現場に臨場させ、再発防止を徹底したい」

「現場状況と家族の説明から自殺と断定した。先入観があり、遺体の検視を慎重にしなかったのが原因」「虐待の事実関係を特定することが難しかった。被害者が死亡したことを重く受け止め、より一層きめ細やかな対応をしていきたい」

愛媛県警捜査1課は八木橋容疑者の認否を明らかにしていない

「今後の捜査や裁判に影響する」として明らかにしていない。また県警は、八木橋容疑者が日常的に暴力をふるっていたとみており、今回のケースも殺意はなかったと判断した。

ネット上の感想

私には知る由もないが精神障害を持ったお子さんを育て、先に逝く人の精神的ストレスは計り知れないもの。人権の時代故の悲劇か。。。「自殺」再捜査で「傷害致死」 3年前、愛媛県警が死亡女性の父親逮捕 - MSN産経west sankei.jp.msn.com/west/west_affa…

大勢の馬鹿が選んだ民主政権のせいで警察ボロボロだからな~・・・あの馬鹿ども息してるのかな?まぁ早めに民主政権程度には回復してくれw <無職女性自殺の再捜査で父親逮捕 愛媛県警、傷害致死の疑い> nico.ms/nw1105812 #niconews

「自殺」再捜査で「傷害致死」 3年前、愛媛県警が死亡女性の父親逮捕 - MSN産経ニュース sankei.jp.msn.com/west/west_affa… 司法解剖すれば自殺か絞殺かはすぐにわかるのに。

1