1. まとめトップ

業界騒然!! ヒップホップグループDeath Gripsが仕掛ける音楽革命

先日4thをリリースしたばかりのDeath Grips。今や世界中が彼らの一挙手一投足に注目しています。

更新日: 2014年06月12日

bdxさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 4185 view
お気に入り追加

今話題のヒップホップ・グループDeath Grips。
2012年4月に1stアルバムをリリースして以降、
現在の音楽業界にアンチテーゼを唱えさまざまな取り組みを行っています。

Death Gripsっていったい何者?

2010年12月結成。アメリカカリフォルニア州サクラメント出身の3人組ヒップホップバンドである。

バンドの音楽は、パンク・ロックとヒップホップとノイズの融合だと称されている。

デス・グリップスは異様なまでに、攻撃的な破壊者だ。
ハードコアとヒップホップの反抗精神による大胆不敵なアートフォーム、不気味なイラストのジャケット、〈Thirdworld〉と名付けられた怪しげなホームページ、フロントマンをつとめるステファン・バーネットの強烈なスタイル。
怖いもの見たさという好奇心もたっぷり煽ってくれる。

メンバー

ヴォーカル担当の
ステファン・バーネット (Stefan Burnett)、
ドラム担当の
ザック・ヒル (Zach Hill)、
キーボード・プログラミング担当の
アンディー・モーリン (Andy Morin)
3人から成る。

ドラムのZach Hillは、変態プログレバンドHellaのドラマーとして有名ですね。

作品に対する評価

2012年4月リリースの1stアルバム。

ジャケットはSua Yooというアーティストによるもの。

Pitchfork Media 8.7 / 10

辛口で有名なピッチフォーク・メディアで"BEST NEW MUSIC"を獲得。
また2012年の年間ベスト・アルバムの第9位に本作を選出しました。

Metacritic 81 / 100

メタクリティックでは最高評価である"Universal acclaim"を獲得

The Needle Drop 10 / 10

10点満点を獲得して、
その年の"Album of the Year"で見事1位を獲得

2012年10月にリリースした2stアルバム。

※ジャケットはあまりに過激なため黒塗りにしました。
無修正のものを見たい場合、各自の責任で検索してください。

Pitchfork 8.2 / 10

作品の評価は高いですが、Pitchforkは本作を「2012年ワースト・アルバム・カバー20枚」の1枚に選出しました。

メジャーレーベルとの確執騒動

ジャケットで物議をかもした2ndのリリースの際、
当時所属していたレコード会社、エピックとの対立が浮き彫りとなりました。

セカンドのリリース時期についてエピックと意見が対立。

バンド側は2ndアルバム『No Love, Deep Web』を無料ダウンロードで公開した。

エピックがバンド側に対しインターネットでの2nd『No Love, Deep Web』の無料配信をやめるように要請するメールを流したところ、バンドがこのメールをさらにネットで公開。

この結果、バンドはエピックからレコード契約を破棄されることとなった。

1年に2枚というハイペースでアルバムをリリースしたかったバンド側に対し、
レコード会社としてはそれは避け翌年に出したかった。
そこでの意見の対立から、バンド側が強制的にアルバムをリリース。
しかもネット上に無料で。
それに激怒した会社が契約を切ったという流れです。

作品の無料ダウンロード化

2ndアルバムを公開して以来、彼らはその後のすべての作品を、ネット上にしかも無料でダウンロードできるようにしました。

ビョークも絶賛!! 気になる新作アルバム

デス・グリップスは6月9日に突如フェイスブックで新作を公開し、音源の無料ダウンロード・リンクを提供している。
新作は『Niggas On The Moon』というタイトルで、収録曲8トラックに関してすべてビョークのヴォーカルをサンプリングとして使っているという。

ビョークは自身の声がサンプリングされたことについて次のようにフェイスブックにコメントしている。

1 2





bdxさん