暴飲暴食をしたり、にんにく、唐辛子など刺激の強い食品や脂肪の多い食品の食べすぎ、適量を超えたアルコールや炭酸飲料などによって、胃酸の分泌が乱れ、消化酵素を分泌するすい臓の働きも低下し、消化不良が起こりやすくなり腹痛、下痢が引き起こされます

出典消化不良 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

またか…食事をするとその後「腹痛」がして下痢気味になるワケとは

食事をするとその後必ず腹痛がしてトイレに駆け込むという方がいます。そのような症状を引き起こされる原因と対処法についてまとめます。

このまとめを見る