1. まとめトップ

winmail.datという添付ファイルを受け取ったときの対処法

受信した電子メールメッセージに、Winmail.dat という名の添付ファイルが。なんだこのファイル開けないぞ…ひょっとしてウィルス?どうしたらいいの?

更新日: 2014年06月12日

hounaviさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 610261 view
お気に入り追加

受信した電子メールメッセージに、Winmail.dat という名の添付ファイルが。なんだこのファイル開けないぞ…ひょっとしてウィルス?

多分、ウィルスではありません。添付ファイルなどが別の形に化けただけです。
※ もちろん、元の添付されたファイルが元々感染していた場合はウィルスです。

winmail.datとは何か

Winmail.dat ファイルは、リッチ テキスト形式を保持するために使用されます。Outlook では、リッチ テキスト形式のメッセージを送信するときに使用します。送信中に、メッセージの内容が変更され、受信側のクライアントで書式情報を読み取ることができないことがあります。また、受信側のクライアントで、winmail.dat ファイルを使用または認識できないことがあります。

上記はOutlookというメールソフトを販売しているマイクロソフト社の説明です。

要は、リッチテキスト情報(文字サイズやリンク設定など文字装飾を加えるための情報)や添付ファイルを独自の形式(Transport Neutral Encapsulation Format (TNEF) )でパック(カプセル化)しているファイルがwinmail.datです。

問題は、添付ファイルもまとめてしまうことにあり、Outlook同士でやりとりするのであればいいのですが、他の多くのメールソフトは対応していないので、本来の添付ファイルが見えずに開けないことになります。

この現象が起きる条件

これは、Microsoft社のOutlookというメールソフトを使用したユーザーが、リッチテキスト形式(RTF)の 電子メールにファイルを添付して送信し、受け取った人がOutlook以外のメールソフトで受信すると発生することが多い現象です。

要は、Outlookのバグ(というか仕様)です。

添付ファイルがwinmail.datに化けるのは

・送信者のメーラーがOutlookで、リッチテキスト形式 (HTMLメール)で送ったときに発生

・受信者のメーラーがアウトルック系以外だと発生

・添付されるファイルが、画像ファイルやPDFファイルでは発生しにくく、MS製のファイル(ワードやエクセル)だと高確率で発生する

対処法1 テキスト形式のメールで再送信してもらう

Winmail.dat ファイル内のデータは使用できません。この問題を解決するには、テキスト形式でメッセージを再送信してもらうように送信者に依頼してください。

上記は、マイクロソフトの公式QAの引用です。
まあ、送信した本人は気付いていない現象ですから、やんわりと教えてあげるのが大人ってものでしょう。

対処法2 Gmailで見る

Gmailのメールアカウントに転送して、ブラウザやスマホのアプリでそのメール開いてみましょう。本来の添付ファイルが見えるはずです。

なんと、Gmailは対応してくれています。

※ メールソフトにpop/imapでGmailを設定している場合に、メールソフトで見えるのはWinmail.datです。ブラウザでGmailにログインして見てください。

対処法3 フリーソフトを使う

Winmail Openerという名のWinmail.datを開くことができるフリーソフトがあります。(Windows用)

CNETでは左の方にある緑色のダウンロードボタンが正解。

参考にしたサイトなど

1





法律関連情報、法令検索サイト等を運営する「法なび」の運営スタッフ。法律関連に限らず、一般的な話題も、いや練習と称し個人的趣味の投稿の方が多いか…、ま、とにかく、気軽にまとめてみたいと思っています。