1. まとめトップ
  2. ガールズ

女子必見!!思わずキュンキュンなエピソード集

心が乾いたときにキュンキュンできる!彼氏との…仕事仲間との…道行く男性との…思わずキュンキュンするエピソードをネットから集めてみました。

更新日: 2015年03月27日

1463 お気に入り 1555532 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tomohanさん

心が乾いたときにキュンキュンできる!彼氏との…仕事仲間との…道行く男性との…思わずキュンキュンするエピソードをネットから集めてみました。第1弾。

カップルエピソード

電話して「何してた?」って聞いたら「お前のこと考えてた」って言われたとき

これがさらっと言える彼氏はかっこいい!!

待ち合わせで遅刻して行って、謝った時の一言。
「男は待っとくぐらいがちょうどいい」
惚れた。

しょっちゅうの遅刻は論外ですが、たまにの遅刻ならこういうこと、言われてみたい!

付き合い出したばかりの冬の夜のデートで。 寒いし手をつなぎたいって思っても、彼は自分のダウンのポケットに両手入れたまま。ちょっと寂しいと思いながらも言い出せなかった。少し経ってから急に彼が立ち止まり
「お待たせ!暖まったから、はい! 」
と私の手を取ってダウンのポケットに。彼のポケットの中にはホッカイロが入ってました。ずっと揉んで温めてくれてました。

ポケットで手をつなぐのもキュンキュンきますが、温めてくれていた優しさにキュン死に!!

手を繋いで歩いているときに話すことがなくなってしまったときなんか話すことないねって私が言ったら彼が
「そんな日があってもいいんじゃない」
って 言ってくれた

遠距離の彼と付き合ってた時…
彼氏を見送る駅のホームで、もう若くはないから寂しくても素直に伝えられず気丈に笑顔で話してたら、ふいに手を握ってくれて『わかってるからね』と優しい笑顔で言ってくれた

寂しさをぐっと抑えて笑顔でいるとき、そんなこと言われたら泣いちゃいそうですね!

年上で、普段はあんまり甘い言葉も言ってくれない彼氏。
バイバイするとき、いつも笑顔で大きな手で頭ぽんぽんしてくれる…。あたしが寂しそうな顔してるからかな?

彼氏と2人で歩いてる時に目の前にお年寄りの仲が良い夫婦がいて
「素敵な夫婦だね」
って言ったら
『俺達もあぁゆぅ夫婦になろうね』
って言われて手をぎゅっと握られる。

告白エピソード

バレンタインに頑張って手作りクッキーを作ったら、ホワイトデーにお返しのチョコをくれました。チョコは3つ入っていて、そこに1文字づつ字が書いてありました。 大 好 き と。

通学する電車の中、憧れの人に携帯の番号を聞いちゃいました! しかもメール画面に「友達になってください」と入力して、直接見せて……。それが今の夫です。

居酒屋で飲んで泥酔した後の帰り道
『俺、お前の事好きだからな…』とサラリ
私はつい酔ってた為か全く理解が出来ず『ありがとおお~(*≧∀≦*)わーい』 と、その場は切り返したのですが酔いが冷めた翌日に『えっ!どうゆう事!?(゜〇゜;)』と、一人パニックになりながらもそういえば、あの時も、あの時も優しかった!
今まで彼が私にどれ程優しくて、あまりにも鈍感過ぎる私の気を引こうと、ずっとずっと必死だった事をようやく知った時。 もう一人でキュンキュンし過ぎて死にそうでした。

クリスマスイブに友達から「大好きだよ。今夜一分一秒でもいいから君に会いたい」とメールをもらい、一気に恋に落ちました。その時のドキドキは、今も覚えています。

とある男性とドライブした帰り道、車の中で会話を楽しんでいました。 彼はいわゆるポーカーフェイスで、何を考えているか私には読めないところがありました。その旨を伝えると彼は急に
「俺が何考えているか知りたい?好きな女の人じゃなきゃ、こんなにデートしないんだけどな?俺が好きなのわからない?」
突然かつスマートな告白に思わずキュンとしました。

同僚・友人とのエピソード

両手ふさがりながらドアノブを開けようと頑張ってたら「無理しないで言って下さいよ~女の子なんだから」って後輩に言われた

飲み会にて。酔ってしまいスカートがちょっとめくれ気味になっていたらしく小さな声で「風邪ひくぞw」と言いながらジャケットを膝にポンとかけてくれた

風邪っぽかったとき、体調悪いのと声をかけてくれて、おもむろに大きな手で包むように私のおでこに手を当てられたとき、妙にビックリしてドキッとしました。予想外のスキンシップはドキドキしますね。

会社の先輩に、ボディタッチの激しい人がいた。 触られるのは、肩とか手とかだけだけど、私は凄く苦手だった。 ある日、皆と話していると、その先輩が後ろから急に肩を抱いて話しかけて来た。 ビックリしたし離れたいけど、どーしたらいいの!?って笑って誤魔化そうとした瞬間
「先輩!ダメっすよ。彼女そーゆーの苦手なんですから。」
近くにいた同期の男性が、笑顔で先輩の手を離してくれました。

仕事で悩んで元気なかったとき、会社の裏庭でしょんぼりしてると会社でも中々のイケメンくんが「大丈夫か?」って声を掛けて 色々愚痴を聞いてくれ、話し終わった時に
「四つ葉のクローバーなかなか見つからなくて三つ葉だけど…」って笑いながら、「元気出せよ」とクローバーをくれた

「先月は頑張っても営業成績が悪くて、かなり落ち込んでいたら、先輩からメールが来ました。『落ち込んでない? 頑張ってたの知ってるよ。来月はイケるぜ』とあり、泣けました」(

あまり接点のない男性とのエピソード

1 2