1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

見たらお腹すくこと間違いなし!京都で食べる【絶品の丼物】9選

京都で絶品丼が食べられるお店を厳選してまとめました。

更新日: 2015年01月28日

3292 お気に入り 441536 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tyt1026kさん

▼とり伊(大宮)

親子丼はとろとろとした絶妙な半熟で、真ん中に卵黄が乗せられています。
3種類の異なる部位が使われている鶏肉はしっかりと味が付けられており、弾力があって柔らかいです。
卵黄を絡めるとまろやかで濃厚な味わいになります。

▼とようけ茶屋(北野白梅町)

お店の看板料理の一品。

白ご飯に、生湯葉のあんかけがかかっています。おろし生姜と一緒にいただくと、味にアクセントが加わって更に美味しさが増します。

■営業時間
(飲食)11:00~15:00
(物販)10:00~18:30
ランチ営業、日曜営業
■定休日 木曜日(25日は営業)・月1回不定休
食ベログ http://tabelog.com/kyoto/A2605/A260501/26001508/

▼岡北(東山)

生湯葉入りの赤だしと漬物がついています。
海老天二尾に、たっぷりと出汁を含んだ玉子がかけられています。
出汁の旨みと、それによって少しふにゃっとした海老天の食感がたまらないです。

▼さか井(烏丸)

まぐろ、鯛、とり貝、赤貝、いか、貝柱といった具材が、うに醤をさっとくぐらせて、炙った焼き海苔をまぶしたものです。
酢飯、ネタのバランスが絶妙です。

焼き海苔をまぶす前はこんな感じです。

▼なり田屋(神宮丸太町)

バラ肉の薄切り肉とはいっても"なり田屋"さんで実際に使われている高級和牛のバラ肉や端材の牛肉ですから早い安いをウリにした全国展開の牛丼連鎖店等で使われている輸入冷凍牛肉とは質や味は段違いに違います。

▼侘家古暦堂 祇園花見小路本店(祇園四条)

まずは店員さんが卵2個を混ぜてくれます。
そして最後にさらに生卵を1つ落としてくれます。
合計3個の卵を贅沢に使用したトロトロ親子丼です。

▼天周(祇園四条)

大きな穴子が3本のっていて、濃いしっかりしたタレがご飯に染みて美味しいです。
山椒をかけて食べるのもまたいいです。

■営業時間
11:00~14:00(丼のみ)
17:30~21:00(コースのみ)
ランチ営業、日曜営業
■定休日 水曜日
食ベログ http://tabelog.com/kyoto/A2603/A260301/26004803/

▼佰食屋(西院)

国産牛のステーキ丼をお腹いっぱい食べられるお店。ご飯の上には国産牛がたっぷりのって、おいしいです。

ご飯メガ盛り、肉トリプルだとこのボリューム!

▼大鵬(二条)

豚バラ肉を甘く味付けして炒めたものを錦糸玉子を敷いたごはんに乗せたものです。豚丼に似てる気もしますが、ただの豚丼ではないんです!
まさにクセになる味ですし、ごはんのススム味です!

1