1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

suzuha1さん

NARUTOの作者「岸本斉史」の画力

圧倒的なデッサン力とパースの正確さで有名で漫画家トップクラスの画力を誇る。
他の追随を許さない美術的技術の高さは見るものを驚愕させる。

映画的な技術を漫画に取り入れている。3視点法。

広角レンズや魚眼レンズのカメラを使った難易度の高い構図を正確に描写している。

z軸方向の3点透視俯瞰構図。恐ろしく難易度が高い。
正確に描くには建築パースの知識と技術が必要。

この世界観、空気感は誰にも真似はできない。

岸本先生が描いたドラゴンボール。スクリーンppが頂点方向に傾いた煽り構図。デッサン力が相当高くなければ到底描けない。

岸本先生が描いたジョジョ。立体感が凄い。

勿論、写実絵も描ける。

週間連載でこのクオリティー。岸本先生は作画に2日しかかけないときもあるらしい。
漫画家の中で最も絵が上手い漫画家と評されるのも頷ける。

魚眼パース

やはり岸本先生と言えばパースペクティブの圧倒的な正確さと描写能力。
特に注目するべきなのは魚眼レンズを用いた構図。
漫画でここまで魚眼レンズを多用する(出来る)漫画家は岸本先生しかいない。
パースペクティブの深い知識と卓越した技術の高さがないと描けない最高難易度の絵である。

各方面で画力の高さが絶賛される

漫画家の冨樫先生も絶賛する岸本先生の画力。

1 2