1. まとめトップ

NHK【プロフェッショナル 仕事の流儀】で観るサッカー選手まとめ

NHK【プロフェッショナル 仕事の流儀】で放送されたプロサッカー選手のみ(三浦知良 本田佳祐 遠藤保仁 中澤佑二 岡田武史)の回のリンク先をまとめています。

更新日: 2018年09月30日

25 お気に入り 66035 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tAkUさん

平成18年(2006)から始まり、今も「旬の仕事人たち」が次々に登場する番組です。時代の最前線で活躍するその道のプロを取りあげ、彼らがどのように発想し、ざん新な仕事をどう切り開くのかを、徹底した現場密着ドキュメントで描いていきます。

番組に登場するのは、誰もが認める、その道のプロ。斬新な試みに挑戦し、新しい時代を切り開こうと格闘中の挑戦者であり、数々の修羅場をくぐり、自分の仕事と生き方に確固とした「流儀」を持っている仕事人たちです。 普段はカメラの入れない仕事の現場に徹底密着。現在進行形で時代と格闘しているプロの「仕事」に迫ります。

昭和41年大阪生まれ。劇団☆新感線 出身。骨太な演技で、ストレートプレイからミュージカルまで、舞台を中心に活躍。

1985年東京都生まれ
朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」(ヒロイン/和田喜代美役)や大河ドラマ「龍馬伝」(千葉佐那役)など本格派の女優として活躍中。

―【プロフェッショナル 仕事の流儀】で放送されたプロサッカー選手まとめ―

遠藤 保仁は、鹿児島県桜島町出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ガンバ大阪所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー。 日本代表の国際Aマッチ出場数最多記録保持者。2009年アジア年間最優秀選手。

遠藤:「僕自身はもっとやれるというかね、やらなきゃいけないとも思ってますし、やっぱり、年齢関係なくね、まだ成長出来るとは思って日々やってるので。もちろん、限界っていうのも作りたくないですしね。サッカーで本当、もう“これ以上行けない”っていうところまで行きたいなと思ってるんでね。」

家帰ってまず先日の遠藤のプロフェッショナル仕事の流儀見るあたり、俺、サッカーガチ勢

静岡県静岡市葵区出身のプロサッカー選手。横浜FCに所属。2014年1月現在、プロフェッショナルリーグで実働する日本の最年長プロサッカー選手である。加えて、同じく2014年1月現在、1993年のJリーグ発足当時からプレイを続ける唯一の現役選手でもある。

カズ:「サッカーで得た充実感。人生のなかで、それ以上の感動を味わったことがないので。年齢と共にスピードは衰えていくなかでやっていくのは大変ですけど、サッカーに情熱を燃やすことは一生できると思いますから」

昨日のプロフェッショナル仕事の流儀『キング・カズ 走り続ける理由がある』を鑑賞。やっぱカズはカッコ良すぎるわ。泣いた。 #NHK #KAZU #KING

【本映像内より一部引用】
ジャーナリスト:「あなたほど自分に厳しい人に会ったことがないと監督が言っていました。あなたの1日のスケジュールはどうなっているのですか?」

本田佳祐:「おもしろくないと思いますよ。練習して、ごはん食べて、寝るだけです。僕はただトロフィーが欲しくて、サッカー人生のことだけを考えてきました。規則正しい生活が必要ならば、それを実行するのみです。不真面目なことはせずに。それが僕の生き方です。」

プロフェッショナル 仕事の流儀  を見て、サッカーの本田の生意気そうに見える理由が分かりました。 本田のこと好きになったかも ameblo.jp/inakadenetlife…

プロフェッショナル仕事の流儀にサッカーの本田出演。サッカーはあまり興味ないけど面白かった。年一個下だもんな、尊敬するなー。励まなくては。

仕事の流儀の本田圭佑がかっこよすぎてなんて言うか、とりあえずサッカーがしたい。

日本の元サッカー選手、指導者。2007年8月24日より2007年12月14日まで日本エンタープライズの社外取締役。城西国際大学特任教授。「岡ちゃん」の愛称で知られる。

岡田:「世界中の有名な指導者も日々苦悩していると思う。こうしたらこうなる、こうやったらチームが強くなるなんて、そんなにわかったらみんな出来るんだから。でも、ある意味結果を残す人っていうのは限られている。

それは、何か共通項があると思うんだけど、それはやっぱり、その現場に真剣に向かい合って必死になっていること。ダメならしょうがないと腹を括(くく)ってること。

それぐらいの共通項しかないんじゃないかと。How toの共通項なんかあまりないんじゃないかと思う」

プロフェッショナル仕事の流儀の 『サッカー監督岡田武史』見とた。 感動して、泣いた。 誰が見ても勉強になるわ。 中田のわがままをもう許せる岡ちゃんがそこにおった。

横浜F・マリノスに所属する日本のサッカー選手。埼玉県北葛飾郡吉川町(現:吉川市)出身。ポジションはディフェンダー(DF)で、センターバック(CB)を務める。 日本代表でも長年中心選手として活躍した。

日本代表主将も務めた中澤佑二。実は、かつてまったくの無名選手だった。サッカーを始めたのが小学校6年生と遅かったため、同級生の中では常に下手だと言われ続け高校を卒業してもプロからは声もかからない無名の選手だった。中澤は自分のレベルを上げるため、1日で3つのチームをかけもちするという異常な練習量で技術を磨き、ついにプロへの道を勝ち取った。「練習は裏切らない」そのことを中澤佑二は誰よりも知っている。

【関連リンク】

1