1. まとめトップ

ドラゴンボールもう一つの年表!!未来トランクスの歴史

原作の番外編『TRUNKS THE STORY -たった一人の戦士-』、アニメスペシャル「ドラゴンボールZ 絶望への反抗!!残された超戦士・悟飯とトランクス」の世界の歴史年表。悟空が心臓病で他界しベジータやクリリンなどは人造人間に殺された世界。ピッコロが死んでいるのでドラゴンボールは消滅している。

更新日: 2014年06月15日

13 お気に入り 343623 view
お気に入り追加

地球に戻ってきた悟空がフリーザ親子を倒す。

出典ameblo.jp

悟空が心臓病にかかり、人造人間たちと闘うこともなく死亡する。
ブルマとヤムチャが破局。

トランクス誕生。

人造人間17号と18号が完成。ドクター・ゲロが殺害される。

人造人間との戦闘で、ベジータ、ピッコロ、神様、クリリン、ヤムチャ、天津飯、餃子の7人、アニメではヤジロベーも戦死する。
悟飯、超サイヤ人に覚醒。

絶望への反抗!!

原作では、トランクスはすでに超サイヤ人に覚醒している。

出典ameblo.jp

人造人間との戦いで悟飯がトランクスをかばい、左腕を失うも最後の仙豆を重傷を負ったトランクスに使ってしまう。

出典ameblo.jp

アニメではこれがきっかけでトランクスが超サイヤ人に覚醒する。この戦いにトランクスも参加しようとしたが、将来人造人間を倒すことが出来る可能性がある彼を悟飯は参加させず単身人造人間に戦いを挑んだ。

修行で自信をつけ人造人間に挑む

が、返り討ちにあう。アニメでは序盤は善戦するも、体力が落ちてくると一方的な展開となり、痛めつけられて重傷を負う。

出典ameblo.jp

人造人間に敗れたことで過去へ行くことを決意し、回復後に悟空に特効薬を渡すべくエイジ764に旅立つ。出発前、タイムマシンに「Hope〈希望)」と書いて。

トランクス、フリーザ親子を倒した後、過去の時代の悟空に人造人間の存在と自身の正体を教え心臓病の特効薬を渡して未来世界へ帰る。

トランクス、再びタイムマシンに乗りエイジ767に行く。

自身が介入したため、孫悟空の病気のタイミングや自身の知らない人造人間の登場など、時間にズレが生じたことに困惑。さらには父ベジータの独断専行を止めようとするも、却下され続ける。その後も、ベジータのピンチに助太刀するも、17号に敗れてしまう。

悟空たちに協力する中、精神と時の部屋で修行を行い戦闘力を上げるも、パワーに頼った変身をしたために完全体となったセルに敵わず、欠点を指摘され戦意を喪失する。

出典ameblo.jp

セルゲームに向けて再び精神と時の部屋での修行を行い、セルゲームではセルに「セルジュニアと互角の戦い」と評価される戦いを繰り広げる。

その後、自爆から復活したセルに瞬間移動からの不意打ちによる指先からのビームで体を貫かれて殺される。

過去での戦いが終わり、ドラゴンボールの力で生き返る。
翌日、未来世界へ戻る。

パセリシティで、17号が自動拳銃で自身を狙撃した老人を殺害し(アニメでは殺害寸前でトランクスに阻止され、後に老人は救出されている)、17号と18号は過去から帰還したトランクスと対面。
18号は「うっとうしい」と言う理由でトランクスを殺害しようとするが、もはやセルとの戦いを経て成長したトランクスの敵ではなく、「殺された仲間たちのカタキ」として気功波により消滅させられる。

17号は18号を消滅させたトランクスに蹴り飛ばされて、そこで倒れた際に「悟飯さんのカタキ」としてトランクスの気功波で消滅させられ姉弟共々あっけない最期を遂げる。

17号・18号の死後、壊滅された街は再建が進められる。

1 2





Lightningsnakeさん

主にアメコミ、映画、ゲームなどをまとめていきます。