1. まとめトップ

殺傷事件の6割は家族や親族…身内に起こる悲劇

愛情も尊敬の欠片もない家族間での暴力沙汰は悲しい出来事。親が子を子が親を平気で殺傷する事件は古今東西変わらずのようですが、年齢が30~50代の子供が高齢の親を暴力する事件が増えていることは懸念。

更新日: 2017年08月02日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 29462 view
お気に入り追加

■「自立せず自堕落な生活…」同居の43歳息子に不満募らせ刺す 75歳男を殺人未遂容疑で逮捕

同居する息子(43)を包丁で刺して殺害しようとしたとして、大阪府警城東署は2日、殺人未遂容疑で、父親の無職、関地(せきぢ)常雄容疑者(75)=大阪市城東区関目=を現行犯逮捕した。

 容疑を認め、「自立せず自堕落な生活をして、家を出ていかない息子に不満がたまった」などと供述している。

 逮捕容疑は同日午前7時50分ごろ、自宅で就寝中だった会社員の息子の顔を包丁で刺して両ほおなどに軽いけがをさせたとしている。

 同署によると、関地容疑者は妻と息子の3人暮らし。息子を刺した直後に「私が息子をさっき包丁で刺した」と自ら110番したといい、駆けつけた署員が身柄を確保した。詳しい経緯を調べている。

<傷害容疑>寝たきりの母殴られ死亡 38歳長男逮捕 大阪

寝たきりの母親を自宅で殴ってけがをさせたとして、大阪府警八尾署は29日、長男で大阪府八尾市安中町2の無職、山田剛嗣容疑者(38)を傷害の疑いで逮捕した。母親は数日後、意識不明の状態で病院に搬送され死亡。同署は司法解剖して死亡との因果関係を調べる。

 逮捕容疑は今月下旬、自宅1階の居間で、母光恵さん(69)に馬乗りになり、顔を手で殴ってけがをさせたとしている。山田容疑者が光恵さんを介護していたといい、「言うことを聞かずいらいらして殴った」と容疑を認めている。28日午後5時過ぎ、同居する弟(35)が母親の意識がないのに気付き、119番通報した。

 八尾署によると、光恵さんは数年前から病気で寝たきりで、山田容疑者は「23日か24日に殴った」と供述しているという。光恵さんの体には腰などに複数のあざもあったという。

■神戸5人殺傷事件 26歳孫を祖父殺害で再逮捕も「黙秘」

神戸市北区の住宅などで3人が殺され2人が負傷した事件で、兵庫県警有馬署捜査本部は17日、死亡した無職南部達夫さん(83)に対する殺人の疑いで、孫の無職竹島叶実(かなみ)容疑者(26)を再逮捕した。同容疑者は「黙秘します」と供述している。

県警は事件直後、近くの神社で、包丁を持っていたとして銃刀法違反の疑いで竹島容疑者を現行犯逮捕。負傷した母竹島知子さん(52)の目撃証言などから、5人のうち容疑が固まった南部さん殺害容疑で再逮捕した。ほか4人も相次ぎ襲ったとみて立件する方針。

 再逮捕容疑は16日、同居の南部さんを金属バットで殴打したり、包丁(刃渡り約16センチ)で刺したりして殺害した疑い。

 南部さん方は、死亡した妻観雪さん(83)と知子さん、竹島容疑者の4人暮らし。捜査本部は17日、南部さん宅で現場検証と家宅捜索を進めた。

 司法解剖の結果、南部さんの死因は、首を切られたことによる失血死だった。残る2人も解剖し、暴行の状況や経緯を詳しく調べる。

■同居する男性会社員を殺害

同居する男性会社員(46)を殺害しようとしたとして新潟県警長岡署は15日未明、殺人未遂の疑いで同県長岡市の高校3年の少年(19)を現行犯逮捕した。男性はその後、死亡が確認され、同署は逮捕容疑を殺人に切り替えて調べる。

 逮捕容疑は14日深夜、男性の首を包丁で切り付け、殺害しようとした疑い。

 長岡署によると、14日午後11時45分ごろ、長岡市の住宅から「息子が父親を刺した」と119番があった。市消防本部の救急隊員が駆け付けると、男性が首から血を流して倒れているのが見つかった。現場にいた少年に事情を聴いたところ、容疑を認めたため殺人未遂容疑で逮捕した。凶器とみられる包丁は現場で見つかった。司法解剖の結果、男性の死因は首を切られたことによる失血死だったことも判明した。

男性は少年の母親と数年前に再婚、少年とも一緒に暮らしていた。少年は当初「頭の中が真っ白で分かりません」と話していたが、その後の調べに「父と母が口げんかし、母が出ていった。父から出て行くように言われて口げんかになり殺した。包丁を使った」と供述し、容疑を認めている。

 14日夜、母親が約30分間外出して帰宅すると、1階リビングで男性が倒れているのを発見し、119番した。同署は家族間のトラブルがあったとみて、母親からも事情を聴き詳しく調べている。

■兄弟げんか仲裁の母親を草刈り機で殺害 45歳・三男を逮捕

兄弟げんかを止めに入った母の多田邦子さん(73)を草刈り機で殺害したとして、香川県警観音寺署は8日、殺人の疑いで同県観音寺市豊浜町箕浦甲、三男で無職の康典容疑者(45)を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は8日午後1時40分ごろ、自宅の敷地内で次男(47)とトラブルになり、草刈り機で殺害しようとした際、仲裁に入った邦子さんの太腿を切り付け死亡させた疑い。

 県警捜査1課によると、康典容疑者らは3人暮らし。ホースから水を出しっ放しにしていたことを次男に叱られ、けんかになったことが原因とみられる。

■口論の末に…叔父を殴り死なせる、22歳無職男を逮捕 大阪府警

口論になった叔父を殴ったとして、大阪府警岸和田署は21日、傷害の疑いで、同府岸和田市畑町の無職、西村京輔容疑者(22)を現行犯逮捕した。

 「間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は同日午前2時25分ごろ、同市土生町の路上付近で、叔父に当たる同市真上町の石材業、辻本竜(たつ)士(し)さん(44)の頭を殴ったとしている。騒ぎに気づいた近くの男性の通報で同署員が現場に駆けつけ、西村容疑者を現行犯逮捕。辻本さんは搬送先の病院で死亡が確認されており、同署は容疑を傷害致死に切り替えて捜査する。

 同署によると、2人は事件前まで、同市内の飲食店で酒を飲んでいた。西村容疑者は「無職であることを叱責されて口論となり、殴った」などと供述しているという。

■寝たきりの父親に灯油飲ませ殺害 同居の53歳息子逮捕 静岡

父親に灯油を飲ませて殺害したとして、静岡県警菊川署は17日、殺人の疑いで、同県菊川市内に住む無職の男(53)を逮捕した。同署は男の認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は平成28年8月上旬、同市内の自宅で、同居する父親=当時(82)=に灯油を飲ませ、殺害したとしている。

 同署によると、男は両親と3人暮らしで、父親は下半身不随のため寝たきりの状態だった。就寝中に自宅にあった灯油を飲ませたとみられ、父親はその後肺炎を引き起こし、呼吸器不全で死亡。事件直後に母親が「夫が灯油を飲まされた」と119番通報した。

 男は20代から精神科に入退院を繰り返しており、事件翌日に入院していた。

■「母の顔4、5回殴って蹴った」殺害容疑の43歳息子、殺意は否認 兵庫・西宮

兵庫県西宮市で16日、同居する母親を殺害したとして息子が逮捕された事件で、殺人容疑で逮捕された同市森下町、派遣社員、柴田昇容疑者(43)が、兵庫県警西宮署の調べに「母の顔を4、5回殴って蹴った。殺意はなかった」と供述していることが分かった。

 逮捕容疑は、16日午前1時20分ごろから午前8時15分ごろまでの間、自宅で母親の幸代さん(68)の顔を殴ったり蹴ったりして殺害したとしている。

 西宮署によると、柴田容疑者は両親や兄と5人暮らし。15日深夜に酒を飲んで帰宅した後、幸代さんと口論になって暴れだした。止めに入った父親(74)も殴られ、親族宅に避難。翌朝、自宅に戻ると、幸代さんが和室でぐったりしていたという。柴田容疑者は当時、別室で寝ていた。同署が死因を調べる。

■義母殺害容疑で男逮捕 妻の遺体も発見、岐阜

24日午前7時半ごろ、岐阜県大垣市古知丸4丁目の住宅で、男の声で「家族を殺してしまった」と110番があった。駆け付けた警察官が義母(63)の遺体を発見し、大垣署は殺人容疑で職業不詳の男(39)を逮捕した。室内から男の妻(35)の遺体も見つかり、県警が経緯を調べている。

 同署によると、男は義母と妻との3人暮らし。自宅2階の寝室で2人が倒れていた。県警が死因などを調べている。

■34歳娘を暴行し死亡させる 両親を逮捕

静岡県浜松市で34歳の娘に暴行を加え、死亡させたとして両親が傷害致死の疑いで警察に逮捕された。

 逮捕されたのは浜松市東区天王町の無職、氏原礼二容疑者(80)と妻の洋子容疑者(74)。警察によると2人は先月27日、自宅で同居している二女の政恵さん(34)を押さえ込むなどの暴行を加え、死亡させた疑いがもたれている。警察は2人の認否を明らかにしていない。

 消防によると、礼二容疑者から「娘の心臓が止まっていて、呼吸をしていない」と通報があり、救急隊員が駆けつけると政恵さんは2階の廊下で倒れていたという。政恵さんは搬送先の病院で死亡し、死亡原因は窒息死だった。警察は犯行の動機などについて2人を追及する方針。

■逮捕の孫 年金目当てに金を無心か

東京・調布市で89歳の男性が殺害され現金が奪われた事件で、事件当日は男性の年金支給日で、逮捕された孫がそれを目当てに金を無心していたとみられることがわかった。

 逮捕された山本裕也容疑者(23)は今月15日夜、調布市で祖父の一夫さんを殺害し、現金を奪った強盗殺人の疑いで28日朝に送検された。その後の捜査関係者への取材で、事件当日は一夫さんの年金支給日で、山本容疑者がその年金目当てで金を無心しにきていたとみられることがわかった。

 また、山本容疑者は事件4日前にも、施設に入居している一夫さんの妻に金を借りようとしたため、一夫さんが貸さないように連絡していたという。

 一夫さん自身も当日金を貸すのを拒んだとみられ、警視庁は山本容疑者が借金を断られて犯行に及んだとみて調べている。

■母殺害疑い高3男子逮捕、物置に遺体 三重

三重県警は15日、同県四日市市の自宅で母親(47)を殺害し遺体を放置したとして、殺人と死体遺棄の疑いで高校3年の長男(18)を逮捕した。県警によると「自分がやった」と容疑を認めており、動機を調べている。母親の首には刃物で複数回刺された痕があった。

逮捕容疑は、14日午前6時40分~午後7時ごろ、自宅で母親を殺害し、物置に遺体を放置した疑い。

 14日午後11時ごろ、父親(48)から「妻が死んでいる。息子が殺したかもしれない」と110番があり、駆け付けた捜査員が敷地内の物置で遺体を見つけた。自宅にいた長男に事情を聴くと容疑を認めた。

 自宅の床には血痕を拭き取ったような跡があった。凶器は自宅にあった刃物とみられるが、血は付いていなかった。県警は事件発覚を恐れて洗い流したとみている。

 一家は父親と母親、長男に中学生の長女の4人暮らし。長男は大学受験の期間で、学校は休みだった。

■妻と長女を再逮捕=74歳夫殺害容疑-奈良県警

奈良県川上村の山中で昨年11月、同県安堵町の74歳の男性の遺体が見つかった事件で、県警捜査1課などは11日、男性の妻の無職川勝正枝(64)、長女の無職陽子(41)両容疑者=いずれも死体遺棄罪で起訴=を殺人容疑で再逮捕した。認否は明らかにしていない。
 逮捕容疑は昨年9月8日から23日の間、ひものようなもので夫の弘さんの首を絞めて殺害した疑い。
 両容疑者は弘さんを殺害後、車で遺体を運んで川上村の山中に捨てたとして、死体遺棄容疑で逮捕されていた。

■母親殴り、溺死させる 20歳息子を逮捕

1 2 3 4 5 ... 16 17





時事系のメルマガを08年から配信と(平日刊)。他に競馬(週3回)のメルマガを配信しています。他では自閉症の息子関連ブログなど