1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

navarさん

身体障害者手帳とは

身体障害者手帳(しんたいしょうがいしゃてちょう)とは、身体障害者がそれを対象とする各種制度を利用する際に提示する手帳で、身体障害者が健常者と同等の生活を送るために最低限必要な援助を受けるための証明書にあたる。「身体障害者手帳」を省略して「身障者手帳」と呼ばれる場合もある。

等級は数字であらわされ、数字が小さいほど重度である。
最高度は1級。障害を複数もつ場合は、各部位に対して個別に等級がつき、その合計で手帳等級が決定される。
1,2級は、重度(特別障害者)、3級以下は、中度・軽度(一般障害者)に区別される。

①NHK料金、全額免除、または半額

身体障害者手帳をお持ちの方がいる世帯で、かつ、世帯構成員全員が市町村民税(特別区民税含む)非課税の場合

引用:https://pid.nhk.or.jp/jushinryo/taikei-henkou.html

②自動車 免除=払わなくてもいい、または少しだけ下げますよ

自動車税、取得税の減免。特殊仕様車(福祉改造車両)の改造費用助成、消費税の非課税
引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BA%AB%E4%BD%93%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E6%89%8B%E5%B8%B3

③高速道路及び有料道路の通行料の割引

高速道路及び有料道路の通行料の割引(最大料金に対する割引であるので、休日ETC割引などに重ねての適用はない。本制度ではETCの装備は要件としない)
引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BA%AB%E4%BD%93%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E6%89%8B%E5%B8%B3

④携帯電話での割引

基本料金や通話料金等に割引。詳細は「携帯電話料金の障害者割引」。
引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BA%AB%E4%BD%93%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E6%89%8B%E5%B8%B3

⑤所得税・住民税 障害者控除の適用

特別障害者(1級及び2級)の場合・所得税40万円、住民税の30万円の所得控除、
一般障害者(特別障害者以外)の場合・所得税27万円、住民税26万円の所得控除

マル優の利用が可能

引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BA%AB%E4%BD%93%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E6%89%8B%E5%B8%B3

少額貯蓄非課税制度(しょうがくちょちくひかぜいせいど)は、各種障害者手帳の交付者、各種障害年金受給者、各種遺族年金受給者、寡婦年金受給者、児童扶養手当受給者1人に付き、預金や郵便貯金、公債(国債、地方債)などの元本350万円までの利子所得で課税される所得税(通常15%)と住民税(通常5%)を非課税にできる制度

⑥JR 普通乗車券、定期乗車券[3]、回数乗車券、急行券が半額

第1種:介護人同伴の場合本人と介護人とも距離に関係なく普通乗車券、定期乗車券[3]、回数乗車券、急行券が半額。本人単独の場合、普通乗車券は100km(営業キロ等)以上となる。
第2種:本人のみ100km(営業キロ等)以上で普通乗車券が半額。定期乗車券[3]は12歳未満のみ。

引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BA%AB%E4%BD%93%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E6%89%8B%E5%B8%B3

⑦民営のバス 半額

第1種:本人、介護人ともに半額
第2種:本人のみ半額

引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BA%AB%E4%BD%93%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E6%89%8B%E5%B8%B3

⑧タクシー 割引

居住自治体が地元タクシーの割引券を交付することが多い。会社によっては障害者手帳の提示で料金を割り引くところもある。

引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BA%AB%E4%BD%93%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E6%89%8B%E5%B8%B3

⑨公共施設

1 2