1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

なぜ初戦黒星だとグループリーグ突破が難しいのか?

コートジボワールに初戦で敗れた日本代表。なぜ、初戦に負けるとグループリーグ突破が難しいのか。

更新日: 2016年09月03日

40 お気に入り 152540 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

西日問題さん

日本は14日、1次リーグC組の初戦で3大会連続3回目出場のコートジボワールと対戦

前半に本田圭佑(ACミラン)のゴールで先制したが後半に2失点して1―2で逆転負けを喫し、黒星スタートとなった

データで見るとグループリーグ突破は厳しい状況に

現行の32チームで行われるようになった98年フランス大会以降、黒星スタートを切った46チーム中、1次リーグを突破したのは4チームである

日本も例外ではなく、初戦を落とした2大会(フランス大会、2006年ドイツ大会)は1次リーグで敗退している

南アフリカ大会でグループリーグを突破した16チームで、初戦で敗れたのは優勝したスペインだけだった

よって、初戦の勝利には1勝以上の価値があるとも言われている

精神面で追い込まれる可能性も

2戦目も落とせば、グループリーグ敗退が決まる。そのため2戦目は必勝体制で臨まなければならないという心理が働く

得点を狙って必要以上に前掛かりになり、相手にカウンターの機会を与える。タイスコアやビハインドでゲームが進めば、焦りから思わぬミスを招きかねない

初戦を落としただけで内外から巨大なプレッシャーがのしかかる。たった1試合戦っただけでもう後がないと追い詰められる状況が、チームに大きな精神的困難をもたらす

それでもあきらめない選手たち

「言葉にならないけど、あと2試合ある。あきらめたくないし、次に向けてやるだけ。こんな形で終わりたくない。これで気づくようでは遅いけど、まだ2試合ある。嫌でも前を向いて、切り替えていきたい」

香川真司のコメント

「ここで1つ負けてガクッとくるようなチームならメンタルのないチーム。ここで出さないとダメ。個人的には食らいついていく力がないとは思っていない」

内田篤人のコメント

「データは僕にとってまったく関係ない。それを覆そうということがエネルギーになる。確率が低ければ低いほど、ひっくり返そうという意欲が出てくる」

長友佑都のコメント

「全員がもう一度気を引き締めて自分たちのサッカーをすることで、もっとチャンスをつくることができる」

本田圭佑のコメント

ネット上の反応

このデータ見ると、スペインも既に75.1%の確率で予選敗退予測なのね。イングランドも約70%の確率で予選敗退予測。初戦で敗戦すると急激に不利な確率になるのねえ。

グループリーグ初戦敗退国で、決勝トーナメントに進出したのは1998年以降4チーム。うち3チームは初戦の相手がシード国。もう1チームがシード国。つまり、初戦シードに絡んでいない対戦で負けた国は、全てグループリーグ敗退。日本はこのデータを破ることができるか。

やたら、日本代表のテンション低いと思って調べたら、過去のデータ的に初戦落としたらグループ突破する確率って10%ぐらいになるのな。(笑) pic.twitter.com/RO2UXqvFOW

日本の予選突破可能性は12%!? W杯ブラジル大会のデータ分析を試みる。サッカーのワールドカップが始まった。日本代表は初戦のコートジボアール戦に1-2で敗れた。本当の勝負はこれからだ(;´Д`A ```

データはあくまでデータに過ぎない。 初戦負けたからなんだ。死のグループじゃなかったことが功を奏すると思うな。強気でいこーぜ強気で

初戦敗退のチームが1次リーグ突破確率8.7%って、前回大会までのデータでしょ?今回、レギュレーションが変わって2強2弱のグループが多いんだから、適用にならないんじゃないの?だからスペインもイングランドもクロアチアも負けてんじゃないの?違うの?#daihyo

W杯初戦黒星スタートで一次リーグを突破する確率は10%に満たないというデータはサンプルがおかしいと思う。問題なのは「一次リーグを突破し得る実力があるチームが何%の確率で初戦黒星で一次リーグを突破したか」。 何が言いたいかというと、日本まだまだ行けんぞってこと。

1