脱臭装置 ‐ バイオ式からは悪臭ではないが独特の発酵臭がするため、脱臭装置が必要となる。完璧には脱臭されないため、基本的には屋外に設置するタイプが多い。
水分調節 ‐ 微生物の発酵を助けるため適度な水分量を保つ必要があるため、水分センサーが備わっている機械が多い。生ごみのほとんどは水分であり生ごみを過剰に投入すると水分過多になってしまうことがままある。それを和らげるため、定期的に木屑などのチップを入れて、水分に対する緩衝能を高める必要がある。
ハイブリッド式は温風を送気することにより生ごみを乾燥させ、適正な含水率に保つため追加チップを要さないのを売りにしている。
堆肥ができる ‐ バイオ式の最大の利点。二次発酵を必要とするが、一次醗酵が終わった状態の堆肥ができる。
ランニングコストが安い - 微生物の力を借りて、分解を行うため乾燥式生ゴミ処理機と比較的ランニングコストがかからない。

出典生ごみ処理機 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

梅雨の生ごみストレスから解放されたい!!生ごみ処理機について調べてみた

毎日毎日出てくる生ごみ。においも虫も気になる!!!というわけで、最近生ごみ処理機が猛烈に欲しい!!!自治体の補助もあるらしいし・・・でも種類も特徴も全然わかんないっ!ってなわけで生ごみ処理機について詳しく調べてみました

このまとめを見る