微生物を利用して生ごみを分解し量を減らしにおいも軽減させる仕組みです。熱で乾燥させる乾燥式に比べて電気代がかからないため維持費はお安め。肥料も作ることができます。
乾燥式に比較しにおいが発生するため(生ごみのにおいは消えても発酵臭は生まれるため)機種によっては室内に置きづらかったり、微生物の生育環境を整えたり基材などを交換・追加しないければならないなど手間は少しかかる様子。ただし、基材交換・追加不要などの製品も出ているので扱いやすさは商品による様子。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

梅雨の生ごみストレスから解放されたい!!生ごみ処理機について調べてみた

毎日毎日出てくる生ごみ。においも虫も気になる!!!というわけで、最近生ごみ処理機が猛烈に欲しい!!!自治体の補助もあるらしいし・・・でも種類も特徴も全然わかんないっ!ってなわけで生ごみ処理機について詳しく調べてみました

このまとめを見る