1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

友だちだと思っていた女の子の悪口

男性はプライドが高い生き物で、自分も悪口を言われていたら嫌だという防衛反応が出てしまいます。その弱さゆえに、自然とその子から距離を取り始めるでしょう。うわさ話も禁物です。ゴシップは話している時は楽しいですが、その場から離れた時にその場にいて楽しんでいた人の印象は落ちてしまいます。

他人の悪口やあら探しばかりしている

世の中には自分のことは棚に上げて人の短所ばかりを見たり、人の失敗を陰で喜んだりする人がいますが、そんな醜い姿こそが典型的な「性格ブス」になるのでしょう。

他人のあらを報告してくる

「〇〇って実は元カレとまだ関係持ってるんだって」「〇〇ってああ見えてすっぴんブスだよ」など、他人のゴシップやアラを話したがる女性がいます。楽しいかもしれませんが、絶対にやめた方がいいです。「私って性格ブスなのー!」と周りに言っているようなものです。

男の批判を始める

「他人のことを上から目線で批評する」おこがましさと、「自分も言われているのかも」という恐怖を男性は感じ、いくら美人だったとしても、そういう性格の女性を愛することはできません。たとえそれを話している相手が気を許している男友達だとしても、その男から評判が伝わってしまうこともあります。気をつけなければいけません。

自分の意見は正しい

ちょっと否定すると急につっかかってくる「自分はいつも正しい」と思い込んでいるようなタイプは、男性から敬遠されます。

周りが賛同してくれていると思っているかもしれませんが、ただ周りに気を使わせているだけで、裸の王様のように笑われていることに気がついていないのは見ていられません。気が強いことを、さばさばしていると勘違いしているひとがいるので、気をつけましょう。

自分のミスを認めない

遅刻をしてきても電車のせい、物を返し忘れていても謝らない。「すみません」「ごめんなさい」の一言がスッと言えない人は、どんどん人が離れて行きます。自分は悪くないと思っている横柄さが、一緒にいる人にストレスを感じさせてしまうのです。

食事は奢られて当然

男性は、小さいと思われるかもしれませんが食事をおごるなら「ごちそうさまです」を聞きたいです。お礼を言うという気遣いができない女性を、また食事にい連れて行きたいという思いは消え去ることでしょう。たとえうっかりでも、男性は「この子、おごられて当然だと思っているんだな」と考えます。

もっと言えば、「お会計大丈夫ですか?」などの少しの出しますよという一言がつくとおごってあげることに抵抗がなくなります。演技でも、気を使った一言を添えることで、印象がグッと良くなりますよ。

「キモ!」「ウザ!」と平気で言う

大人になってまで、「キモ!」「ウザ!」と一言で切るような幼稚で品のない表現を使っていると、男性は年相応の成長をしていない女性と見なし、恋愛対象から外します。

そういう女性を友達に彼女として紹介できません。性格は言葉遣いにも表れます。口を滑らせて下品な言葉を言った瞬間、男性は恋愛対象から除外してしまうかもしれませんので注意しましょう。

「でも」と「だって」が口癖

なんの話をしていても、トークを奪って「でも」「だって」と否定から始める人は、性格ブスと思われます。ちょっとしたことですが、人間というのは基本的に、否定されるとあまり良い気持ちはしません。そのため、否定語が口癖になっている人と、一緒にいたいとは思えないのです。

自分より下の者に厳しい

後輩など、自分より立場が弱い人に対して態度がでかい女性は、性格ブスです。自分もその立場を経験したなら、態度がでかい先輩は好かれないことを知っているはずなのに、気持ちが良くてついやってしまう。今一度、「自分が後輩だったとき、どんな先輩を素敵だと思ったか」を思い出してみましょう。誰に対しても謙虚な気持ちを忘れずに接してみてください。周りの目が変わってくるはずです。

必要以上にネガティブ

そんなにネガティブになられたら、聞いている方は「そんなことないよ」とか言ってフォローする役回りになってしまいます。一度や二度ならまだしもいつもとなると、心の中では「うわめんどくせ~また始まったよ~」と思っています。誰しもが吐き出したい時はあるでしょうが、そこには「誰かにそんなことないよ、と慰めてほしい」「だから私ができないのは仕方がない、という言い訳」という側面も潜んでいることをお忘れなく

機嫌が悪い時、周りにやつあたりをする

「気分次第で態度を変えるのは勘弁してほしい。いい大人なんだから!」(20代男性)など、機嫌にムラがありすぎると、一緒に仕事をしたくないと思われてしまうようです。自覚がある人は、気分が乗らないときには「他人と話す前に一呼吸置く」など、意識してみてはいかがでしょうか。

「別人か?!」と思うほど、人によってコロコロ態度を変える

「自分には優しいけど、別の奴にはめちゃくちゃ厳しくて、それを見たときは引いた」(30代男性)など、相手によって態度が豹変する女性は、マイナスイメージを持たれても仕方がないかもしれません。男性は意外と女性の言動をチェックしているものです。常に好きな人に見られていると思って行動しましょう。

後輩に面倒な仕事を押し付ける

「付き合っても何かと彼氏任せにしてそうでイヤ」(30代男性)と、自分に都合の良いように周りを振りまわす女性を苦手とする男性もいます。仕事に一生懸命な女性は、男性の目にも魅力的に映るもの。すすんで後輩の仕事を助けるくらいの気持ちでいた方が、男性からの評価も高まりそうです。

チームワークを無視して自分中心に物事を考える

「『私は! 私は!』と自分の意見を押しつける人はちょっと…」(30代男性)というように、柔軟に他人の意見を受け入れられない自己中心的な女性を敬遠する男性もいるようです。周りの人の考えをもっと受け入れるようにすれば、時には否定することがあっても、自由に意見を言い合える風通しのいい職場になりそうです。

会社内で仲のいい人を集めて派閥を作る

「グループでつるんでいる子は、気に入らない人を無視したりするから、そういうのはちょっと…」(20代男性)と、徒党を組む女性にマイナスのイメージを持つ男性もいます。狭い人間関係に固執せず、所属部署以外の人ともランチに行くなど、いろいろな人と交流を持つと良いのではないでしょうか。

他の女の子がチヤホヤされると不機嫌になる女性

自己中心的だと思われる行動です。他の女の子の話題で盛り上がっていても、我慢できる「オトナな対応」が求められるでしょう。

自分のした親切に対し、必ず見返りを要求する女性

見返りを求めてばかりでは、男性もウンザリします。見返りを求めない「与え続ける広い心」を持った方が、人が集まってくるでしょう。

1