出典 biz-journal.jp

セブン&アイがアマゾンに挑む、真っ向勝負の行方~ネット+店舗=オムニチャネル戦略に迫る|ビジネスジャーナル

アメリカでは「ウォルマートとアマゾンの真っ向勝負」。アマゾンが翌日配送や無料配送を競争優位に立つ武器とするなら、ウォルマートは4000店を超すリアル店舗を武器とする。日本ではセブングループが、グループ全社の300万商品を最寄りの店舗で扱えるようにするため、2018年度までに1000億円を投資すると決めた。この判断は、店舗での商品受け取りを選択した客の60%が、来店した時に平均60ドルの付加購買をしている事実を追い風にしている。ましてやセブンは、ATM設置の経験で、この効果を体験済みだ。すなわち、「ついで買い」こそがキーワードなのだ

この情報が含まれているまとめはこちら

「O2O」やら「オムニチャネル」の意味が分からない人のために

一見、難しいこの新語を、平易かつ具体事例で説明してみよう。ネット時代とは言え、商売の本質はいつも変わらない。消費者から見て、ネット活用の敷居が大幅に下がったことで、今日の動きが始まった。単なるネット販売ではないだけに、我々の消費習慣を大きく変える可能性すら秘めている

このまとめを見る