(双方向の)「O2O」、そして「O2O2O」のどちらでも実現できることは大きく2つある。ひとつはマス施策、デジタル施策、リアル店舗までシームレスに連携させること。もうひとつは、オフラインも含めた施策管理をすること

出典ビジネス拡大に必須のO2Oを始める基礎知識 - CNET Japan

O2Oサービスでは、AR技術、加速度センサー、タッチパネル技術、音声認識技術など、さまざまな技術を活用した来店ポイントサービスやデジタルインセンティブなどが提供されている。しかし大半の顧客は、高度な技術には興味ない。また、店舗側では手間のかからない仕組みが求められている。その上で、「ついつい来店してしまう」仕掛けがあり、思わず購入してしまうきっかけとなり、その体験が店舗やブランドに対する共感を生むという好循環を作りあげたい

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「O2O」やら「オムニチャネル」の意味が分からない人のために

一見、難しいこの新語を、平易かつ具体事例で説明してみよう。ネット時代とは言え、商売の本質はいつも変わらない。消費者から見て、ネット活用の敷居が大幅に下がったことで、今日の動きが始まった。単なるネット販売ではないだけに、我々の消費習慣を大きく変える可能性すら秘めている

このまとめを見る