出典 pointofsale.com

ネット販売への抵抗度は?(2013年):Bricks vs. Clicks: Retailers Combat Showrooming(英文)|Point of Sale News

「クリック&モルタル」はAmazonや楽天などのコマースサイトが誕生した2000年頃から注目を浴びる。これは、オンライン、オフラインを連動させようとする一つの試みだったと言える。しかし、クリック&モルタルではあまり成功事例は生まれず、Eコマースの代表:Amazonが圧勝した。ただ、この頃のネット普及率はまだ低く、ネット利用者はもっと少なかった。そして今日、3割以上の人がネットで買ってもいいかもと考え始めている。実店舗はいよいよショールーム化してしまう可能性すらある。ちなみに、中国ではオンライン販売の比率が米国の何倍にも膨れ上がっている

この情報が含まれているまとめはこちら

「O2O」やら「オムニチャネル」の意味が分からない人のために

一見、難しいこの新語を、平易かつ具体事例で説明してみよう。ネット時代とは言え、商売の本質はいつも変わらない。消費者から見て、ネット活用の敷居が大幅に下がったことで、今日の動きが始まった。単なるネット販売ではないだけに、我々の消費習慣を大きく変える可能性すら秘めている

このまとめを見る