出典 biz-journal.jp

小売り激変、O2O市場50兆円の衝撃 店舗革命、原宿・竹下通り復活の起爆剤に|ビジネスジャーナル

米Deloitte Digitalの発表では、「13年、米国内における実店舗による売り上げの36%は、デジタルの影響を受けたものである」という。また、日本・野村総研の調査では2017年のO2O市場規模は2011年の2倍に達するとか。買い物をする際にインターネットの情報を参考にするユーザーはますます増加の一途のため、O2Oはまったく無視できない存在となった。来店を促すオンラインの活用法もあれば、来店後に選んだ商品をオンラインで注文できるため、持ち帰る必要もなく配達してもらえる方法もある

この情報が含まれているまとめはこちら

「O2O」やら「オムニチャネル」の意味が分からない人のために

一見、難しいこの新語を、平易かつ具体事例で説明してみよう。ネット時代とは言え、商売の本質はいつも変わらない。消費者から見て、ネット活用の敷居が大幅に下がったことで、今日の動きが始まった。単なるネット販売ではないだけに、我々の消費習慣を大きく変える可能性すら秘めている

このまとめを見る