出典 Chen100Qiang_さんがアップロード

【一部掲載】The History of eCommerce – Timeline Infographic

インターネットと商売との関係で歴史を振り返ってみると、Yahoo!の登場(1994年)から始まり、Amazonやebayの誕生(1995年以降)、そしてGoogleが台頭した(1998年)ところで、ネットの利便性が一気に増した。こうして
ネットでの情報探しや買い物に関心が集まるようになり、いよいよiTunesのスタート(2003年)を受けて、コンテンツ販売が急加速される。そして2007年、ついにiPhoneが登場すると、スマホの時代が幕を開ける

この情報が含まれているまとめはこちら

「O2O」やら「オムニチャネル」の意味が分からない人のために

一見、難しいこの新語を、平易かつ具体事例で説明してみよう。ネット時代とは言え、商売の本質はいつも変わらない。消費者から見て、ネット活用の敷居が大幅に下がったことで、今日の動きが始まった。単なるネット販売ではないだけに、我々の消費習慣を大きく変える可能性すら秘めている

このまとめを見る