出典 www.brainsins.com

モバイルがあらたな変化をもたらしている:M-commerce, social media and ROPO lead retail trends|BrainSINS

【ROPO】=Research Online, Purchase Offline

「ROPO」とは、オンラインで調べて、オフラインで買うという消費習慣のことを指している。なんと、ここでの調査(日本を含まない12ヶ国)では、9割近くの消費者がまずネットで調べていることが分かる。その多くはいまだPCを使っているのだが、外出時には約6割がスマートフォンで確認している。そして、なんとそのまた半分が、スマホでそのまま購入しているという。今後は、店舗に来てからもスマホを利用したりするのか、さらにはソーシャルメディアの影響力がどう出てくるのか、研究する必要があるだろう

この情報が含まれているまとめはこちら

「O2O」やら「オムニチャネル」の意味が分からない人のために

一見、難しいこの新語を、平易かつ具体事例で説明してみよう。ネット時代とは言え、商売の本質はいつも変わらない。消費者から見て、ネット活用の敷居が大幅に下がったことで、今日の動きが始まった。単なるネット販売ではないだけに、我々の消費習慣を大きく変える可能性すら秘めている

このまとめを見る