出典 Chen100Qiang_さんがアップロード

「O2O」がひときわ注目を浴びるのは、実店舗側の企業が次々と乗り出してきたからだ

様々な企業がE-commerce、いわゆるネット販売を始めているが、とりたて成功している企業はまだ少数である。独自の商品を発売している店舗は、楽天のプラットフォームの中で売上を伸ばしているが、独自運営を試みた大手などはいずれもアマゾンや楽天の前に完敗していた

この情報が含まれているまとめはこちら

「O2O」やら「オムニチャネル」の意味が分からない人のために

一見、難しいこの新語を、平易かつ具体事例で説明してみよう。ネット時代とは言え、商売の本質はいつも変わらない。消費者から見て、ネット活用の敷居が大幅に下がったことで、今日の動きが始まった。単なるネット販売ではないだけに、我々の消費習慣を大きく変える可能性すら秘めている

このまとめを見る