1. まとめトップ

【ヒップホップ】知らなきゃもぐり JーHIPHOPの教科書【日本語ラップ】重要ラッパー図鑑

ジャパニーズヒップホップの創世記から近代までを盛り込んでいて、HIPHOPって何?って人からコアなヘッズまで楽しめる内容になっています。常に更新中です。

更新日: 2016年10月14日

25 お気に入り 78015 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kan59thさん

JAPANESE HIPHOP

何がレゲエで何がヒップホップとかじゃねぇ
自分の中で間違いないって言える、信念や生き方、人生そのものがHIPHOPなんだよ!!

練マザファッカー

練マザファッカーのリーダー

リリックからして本物の悪党の様だ。
"悪党の詩"の最後は衝撃。


日本でのHIPHOPカルチャーの初期の頃から活躍している唯一無二のラッパー

中川家や松本人志らとも共演したことがある

メンバー
D.O
PIT GOb
bay4k
SHIZOO
B.D THE BROBUS
D-ASK
寿
BIG-T
T2K
SHY-P.O.P
JASHWON
K-LOVE
無也
G-FRESH
犬Dog

元メンバー
K.N.Z

キングギドラ

僕がめちゃめちゃ大好きなHIPHOPグループの一つです。

ZEEBRA
K DUB SHINE
DJ OASIS
からなるHIPHOPユニット


ZEEBRAのメロディアスなラップと、対極なK DUB SHINEのひたすらリアルなラップ。

めっちゃカッコイイ。漢って感じですね!

[シネマトゥデイ映画ニュース] 日本のヒップホップを代表するアーティスト、K ダブ シャインとジブラが、伝説のヒップホップ・グループとして知られるア・トライブ・コールド・クエスト(以下:ATCQ)に密着したドキュメンタリー映画『ビーツ、ライムズ・アンド・ライフ~ア・トライブ・コールド・クエストの旅~』について語った。

映画『ビーツ、ライムズ・アンド・ライフ~ア・トライブ・コールド・クエストの旅~』場面写真

 本作は、ATCQの熱烈なファンであった俳優のマイケル・ラパポート監督が、解散から8年を経て行われた再結成ツアーに密着すると同時に、解散劇を招いたとされるメンバー間の不仲にも切り込んでいく。

 K ダブ シャインとジブラ は、1996年にキングギドラとしての活動停止を発表した後、2011年6月に、再びDJ オアシスと3人で「KGDR」とグループ名を改め再結成。東北地方太平洋沖地震チャリティーソングを発表した。二人は、ATCQの復活劇をどのように見たのだろうか。

 ジブラは、ATCQのメンバーであるファイフ・ドーグの持病が、再結成に大きな影響を与えていたことに共感を覚えたと明かし、「あそこまでメジャーで活動しているアーティストになれば、プロジェクトの責任というものも出てくるはず。でも、そういう責任がグループを再結成させるということはない。具合の悪いファイフを元気付けるためにとか、もっと感情的なものなんだと思う」と語った。

 感情的な何かに突き動かされての「再結成」。それはKGDRも同じだった。「今回は東日本大震災という地震が起きて、俺たちも何かがしたいという感情で再結成を決めた。それはすごく人間的な感情なんです。だからこそ、この映画は単なるドキュメンタリーではなく、ヒューマンドラマのような印象が強かったですね」と二人は口をそろえる。

 ATCQのメンバーも、ジブラもK ダブ シャインも、全員が40代。「ヒップホップへの愛情だけで、ここまで来たと思っています」と語ったK ダブ シャインの言葉通り、その愛情はいくつになっても衰えることはなさそうだ。本作を上映中の映画館では、ヒップホップを愛する人々が世代を問わず集結。連日連夜、エンドロール終了後まで席を立つことなく本作の音楽を楽しんでいる。(編集部:森田真帆)

ZEEBRA

KGDRのメンバーの一人でありソロとしても大活躍。
日本のHIPHOPシーンをメジャー化させた張本人と言っても過言ではない。



最近では高校生ラップ選手権の審査員等も努め、安室奈美恵とmummy-dとのフィーチャリング曲を出したり未だ根強く活動している。

K DUB SHINE

KGDRのメンバーの一人。

渋谷のドンという異名を持つ。

ひたすら現実に目を向けたリアルなリリックが圧巻。
”理由”を聴いた時には、生半可な人生じゃHIPHOPはやっちゃいけないと思った程衝撃を受けた。


中学校の頃出会い、人生の師とした。

RHYMESTER

宇多丸(真ん中)
MUMMY-D(左)
DJ JIN
からなるユニット
HIPHOPを語る上で欠かせない存在

元メンバー
Dr.Looper(本名:藤田飛鳥)
DJ Chocolate(本名:久世衛)
マスター・ティー(本名:臼井俊朗)

個人的にはMUMMY-Dめっちゃ好きです。

SHAKKAZOMBIE

メンバー
OSUMI (オオスミ、別名:BIG-O、本名:大澄剛史) MC
アパレルブランド「SWAGGER」を展開。個人ブランド「PHENOMENON」も展開している。IGNITION MAN (イグニッションマン、旧名:HIDE-BOWIE、本名:井口秀浩) MC
アパレルブランド「SWAGGER」を展開。TSUTCHIE (ツッチー、本名:土田伸二) トラックメイカー


まだまだHIPHOPが世間に浸透していない中、自分たちを信じて歩む姿がめちゃカッコイイ!!

Libro

コアなHIPHOPファンなら知っているはず!

中毒性のあるフローとリリック
ある意味これは反則級!笑

一度耳にしたら離れないこと必至!!
要check!!

1 2 3 4