1. まとめトップ

家庭教師 個人契約で生徒を探す方法・注意点

家庭教師の個人契約は教師・生徒ともに金銭的なメリットがあります。個人契約で生徒を探す方法をまとめてみました。個人契約の指導先をネットで探す方法や、リアル社会で探す方法など。家庭教師個人契約の注意点なども掲載しています。家庭教師個人契約を始める方、必見です。

更新日: 2015年07月11日

merotomisagiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 20983 view
お気に入り追加

<家庭教師 個人契約で生徒を探す方法> 教師の方向け

家庭教師個人契約で生徒を探すには以下のような方法があります。

1.ネットの「家庭教師個人契約サイト」を利用する
自分のプロフィールを掲載して生徒を募集する方法と、講師募集の告知に応募する方法があります。

2.地域の掲示板などに「生徒募集」のチラシを貼らせてもらう
最近、「高額教材系家庭教師センター」が手作り風チラシをスーパーなどに置いていますので、これらと混同されるかもしれません。

3.ミニコミ誌に行案内広告を掲載する
「家庭教師します」コーナーがある地域のフリーペーパーもあるようです。

家庭教師 個人契約する際は契約書を結びましょう!

派遣会社を通さない「個人契約」にはトラブルもよくあるようです。生徒宅ともめないように最低限の契約書は必ず作成しましょう。

口約束はトラブルの元になります。また、こちらに不安があるように、相手にも不安を与えてしまいます。下記のサイト(北大生協)の「具体的な手順」の5番目に契約書の見本がありますので参考にされたらよいと思います。

家庭教師個人契約の注意点

家庭教師を個人契約で始める方法・生徒の探し方

関連まとめ

1





merotomisagiさん

家庭教師の個人契約・直接契約についてまとめています。