ストレスを感じると、体は「コルチゾール」と呼ばれるホルモンを大量に分泌する仕組みになっています

出典肥満とストレスの密接な関係とその本当の原因とは? | 【美容・健康に効くブログ】コンプレックス改善・解消のススメ!

コルチゾールはストレスに敏感に反応するホルモンです。コルチゾールは脂肪を蓄積させやすくし、食欲抑制ホルモンであるレプチンを減少させるため、食欲に歯止めが効かなくなってしまいます。これが「ストレス太り」の原因のひとつです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ついついやってしまう…「食べ過ぎ」を防ぐための8の工夫

食べ過ぎはダイエットの大敵。意志を強く持ちたい…それは分かっていても、なかなかできないのも事実です。食べ過ぎないために、今夜からでも簡単にできる工夫をまとめました。

このまとめを見る