1. まとめトップ

「韓国国情院がLINE傍受」報道、真偽は!?

韓国国情院が大人気メールアプリ・LINEの情報を盗聴傍受していると驚きの情報が報道され、大きな反応を呼んでいる。LINEは韓国のNAVERの子会社であり、様々な憶測がなされている。一方で、LINEの社長はこの報道を否定しており、今後の行く末が注目されている。

更新日: 2014年06月21日

4 お気に入り 16753 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gangamatajiさん

以前から噂されていた「韓国のLINE傍受」をFACTAが報じた

5月下旬、官邸内に衝撃が広がった韓国の国家情報院(旧KCIA)が、無料通話・メールアプリ「LINE」を傍受し、収拾したデータを欧州に保管、分析していることが明らかになったからだ。韓国政府のサイバーセキュリティ関係者が、日本の内閣情報セキュリティセンター(NISC)との協議の場であっさり認めた。

システムに直接侵入するのではなく、通信回線とサーバーの間でワイヤタッピング(傍受)するから、「通信の秘密」を守る法律がない韓国側は悪びれない。だが、LINEの登録ユーザー4億人余のうち日本人は5千万人。その通話データなどが韓国にすべて送られ、丸裸にされているのだ。

日本では憲法で定められている「通信の秘密」が、韓国にはないということにかなり驚いた・・・。Faxで商売のトラブルがあっても、「通信の秘密」と「電気通信事業法」で通信キャリア側の持っている情報は提供してはいけないことになっている。 facta.co.jp/article/201407…

ふつー大事なやりとりに使わない。タイ警察どうすんだろ→韓国の国家情報院(旧KCIA)が、無料通話・メールアプリ「LINE」を傍受し、収拾したデータを欧州に保管、分析していることが明らかになった / “韓国国情院がLINE傍受:FA…” htn.to/G9n2s7

一方、LINEの社長は否定

本日発表された、一部記事で、韓国政府機関が当社サービス「LINE」の通信内容を傍受している旨の記載がありましたが、そのような事実はございません。
記事では、LINEシステム自体ではなく、外部との通信ネットワーク上に関して傍受があったとされていますが、LINEはシステム内であってもシステム外の通信ネットワーク上であっても安全です。LINEの通信は、国際基準を満たした最高レベルの暗号技術を使って通信されていますので、記事に書かれている傍受は実行上不可能です。
また、報道内容にはLINE内のデータが他社に漏洩した旨の記載がありますが、全くの事実無根です。
根拠なくユーザーの皆様を不安にさせる一部の心ないメディアに抗議するとともに、ユーザーの皆様には引き続き安心してご利用いただきたいとおもいます。

言い切った。すごいな。 「LINEの通信は、国際基準を満たした最高レベルの暗号技術を使って通信されていますので、記事に書かれている傍受は実行上不可能です【抜粋】」RT 本日報道の一部記事について fb.me/267q7JSVM

そりゃssl使ってるのに傍受されるわけないよな。go to fail; heart bleed/本日報道の一部記事について : LINE株式会社 森川社長ブログ moriaki.blog.jp/archives/19882…

暗号化だって鉄壁じゃ無いからね。SSLだって4月にHeartBleed、6月に証明書インジェクション問題も発覚してるわけで。未公開セキュリティホール皆無なんて保障は絶対言い切れない。 / “韓国国情院がLINE傍受:FACTA o…” htn.to/71fJkj

どうなんだろうね。フロントエンド~バックエンド間もSSLで暗号化してるとでも言うつもりだろうか。あるいは韓国政府側が秘密鍵を提出させていたりとか。 / “本日報道の一部記事について : LINE株式会社 森川社長ブログ” htn.to/fK57QXz6jke

どの様に安全性が確保されているのか、この文章だけでは不明だし、何より、本当に根も葉もない話なら重大な営業妨害だから、損害賠償を求めるべきなのに、一切言及がないのは不自然だ moriaki.blog.jp/archives/19882… 本日報道の一部記事について- LINE株式会社 森川社長ブログ

どうもごっちゃになっているようですが、「LINEは韓国のNAVER子会社だという話」と、「韓国の情報機関である国情院が盗聴(wiretap)していることを認めており、それが韓国内の法律において適法である話」とは別物だと思うんですよ。

 なので、事実関係においては森川さんの仰るとおり「LINE社内においてしっかり管理していることは保証できる」と思いますし、私もそうだと感じていますが、なにがしかの方法で国情院がLINEでやり取りされている情報をブチ抜いて第三国で解析されていたとしてもLINE側からは分からないでしょう。LINEの森川さんが当事者として安全を強調しても、イメージはともかく実態はまだ不明だということなんじゃないでしょうか。

1