1. まとめトップ

続・ポケモンの怖い話

まだまだあるポケモンの「恐怖」。ポケモンをよく知らない人にも分かりやすく。

更新日: 2015年04月18日

chikkisさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
59 お気に入り 605705 view
お気に入り追加

今回の舞台はポケモン「ダイヤモンド・パール」より「森の洋館」

ポケモンファンの間では名高いホラー要素です。
前回のように「隠されたメッセージ」ではなく、明らかに恐怖を演出した内容です。

しかしなんとも薄気味悪い演出。

森の洋館ってどんなとこ?

冒険の途中に「ハクタイの森」というダンジョンがあります。
そしてそのハクタイの森の道の途中に大きな洋館が建っており、主人公はその道を塞ぐ大きな木をポケモンの技によって切り崩すことによりその洋館へ進むことが出来るようになります。
つまり、その木を切り崩す技を持っていなければ入れない、ということですね。

中に入ってみると・・・

非常に荒れ果てた館内。ここで何があったのか・・・
部屋の探索を続けると・・・

画像のようになっており、大きく分けて、一階の部屋・二階の左右の部屋・二階奥の部屋があります。また、二階奥の部屋はさらに小部屋が続く廊下へと続いています。

一階奥の部屋そして

一階奥の部屋、食堂。

二階の部屋

二階奥の部屋。部屋が5個ある廊下に出る。
白い矢印の真上の部屋が、それぞれ対応した部屋に入った際の画面となります。

問題は食堂と、二階右から二番目の部屋・・・

食堂にはおじいさんが、そして二階のその部屋には女の子が現れます。

この二人には

足がありません。

この女の子のいた部屋からはポケモンにある技を教えることの出来る「技マシン」が手に入ります。

この女の子が消えた後、残る技マシン。その技とは「身代わり」。

そしておじいさんのいた食堂。この部屋のゴミ箱をチェックすると、本来ポケモンの「毒状態」を治すための

「毒消し」が手に入ります。

主人公を見つめ続ける絵画と像

特定の部屋に「絵画」があります。この絵画、主人公が絵画の方向を向いている際は何も起きませんが、

主人公が絵画の反対方向に行こうとしたり、絵画から遠ざかろうとするとこの絵に書かれた人の視線が主人公をずっと追い続けます。

主人公が絵画と壁をはさんで隣の部屋にいても、絵画は壁の向こうの主人公のほうを見続けます・・・

一階ロビーにある像。

森の洋館内に出現するポケモンは・・・

ゲンガー


いずれも「ゆうれいポケモン」です。

もう一度確認。この洋館に入るための条件って?

先ほども書きましたが、「大きな木を切り倒す技」を手に入れることで、この洋館までの道が開けます。

この技は「いあいぎり」といい、「ナタネ」というジムリーダーを倒すことで手に入ります。

ポケモンのゲーム内に出てくるジムリーダー「ナタネ」。

最後の敵を倒したあと、再びこの洋館を訪れると・・・

ポケモンの目的は、敵を倒し強くなり各地のジムリーダーを倒した後に、ポケモントレーナーの「チャンピオン」を倒すことにあります。
そのチャンピオンを倒したあと、ここにまた訪れるとナタネがいます。

ナタネは「この洋館の調査を任された」と言いますが、その調査を無理やり主人公に押し付けどこかに行ってしまいます。

1 2





chikkisさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう