1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

負け組SEXは万病のもと!

 負け組50代のアンケートによると、53.8%の人が、40代のときに「30代と比べて性欲の衰えを感じた」という。年齢を考えれば当たり前のことのように思われるが、「これを“当たり前”で済ませてしまうかどうかで、勝ち組と負け組が分かれる」と言うのは、アンチエイジングに詳しい和田秀樹氏。

「性欲の減退は、男性更年期障害の一症状である可能性があります。男性更年期障害とは、男性ホルモンであるテストステロンの分泌が低下したことで発生するさまざまな症状を指しますが、その範囲はきわめて広い。ED(勃起障害)はもちろん、前立腺がんなどの原因にもなりますし、何よりメンタルへの影響が甚大なんです。意欲、社交能力、競争心、認知機能などは、すべて男性ホルモンと関係していることがわかっています」

 言わば、男性ホルモンは“総合人間力”を司るホルモン。

負け組50代のアンケートによると、53.8%の人が、40代のときに「30代と比べて性欲の衰えを感じた」という。年齢を考えれば当たり前のことのように思われるが、「これを“当たり前”で済ませてしまうかどうかで、勝ち組と負け組が分かれる」と言うのは、アンチエイジングに詳しい和田秀樹氏。

「性欲の減退は、男性更年期障害の一症状である可能性があります。男性更年期障害とは、男性ホルモンであるテストステロンの分泌が低下したことで発生するさまざまな症状を指しますが、その範囲はきわめて広い。ED(勃起障害)はもちろん、前立腺がんなどの原因にもなりますし、何よりメンタルへの影響が甚大なんです。意欲、社交能力、競争心、認知機能などは、すべて男性ホルモンと関係していることがわかっています」

 言わば、男性ホルモンは“総合人間力”を司るホルモン。

ウナギを食べると精がつく”はただの迷信。民間伝承は捨てよ

「最近、どうもED(勃起不全)気味……。うな丼でも食べて精をつけるか」

 このような発想を、日本性機能学会専門医の須田隆輿氏は「逆効果になりかねません」と警鐘を鳴らす。

「EDは血管と神経の問題が中心です。生活習慣病が引き金となって発症することが多く、予防にはバランスがよく適正なカロリーの食事が重要。なのに、うな丼のほとんどはご飯ですよね。合わせて食べるのもお吸い物くらいで、バランスもよくはない。偏った食事を続け、カロリーの過剰な摂取が慢性化すれば、EDリスクに繋がります」

 そもそも、ウナギのように“精がつく”といわれる食事には「科学的な根拠が少ない」という。

「一般的に精がつくと言われる食品は、科学的にEDに効くというエビデンスを欠いており、民間伝承のようなものと言わざるを得ません。私見ですが、ウナギ、スッポンの頭、山芋などは、どれも“男性の陰茎に似ている”という特徴がある。

アルギニンやリジンを始めとした多数の必須アミノ酸と、ミネラルが含まれています。特にアルギニンには、血流をよくする効果があるため男性機能不全に効果があるそうです。またリジンには、中性脂肪を分解するリパーゼという物質が肝機能の働きを活発にさせ、ホルモンを生み出しやすくさせるので、男女ともにパワーが出る食べ物と言えます。ただ、生のマカは日本ではなかなか入手が難しいので、サプリメントなどで効率よく補うと良いでしょう。

福本幸子ISSAモテる理由はハゲ精力絶倫フェロモン腰が低く女性のエスコート他ISSA写真動画情報収集

驚異アンチエイジング効果水素水医療美容注目・実験でわかった「本物」と「偽物」【全文公開】

男性アンチエイジング EDは動脈硬化のサインかも自転車で勃起しにくくなった歯周病勃起不全を

@mao_oma_com 食欲性欲睡眠は人間の本能。 食べ物は頭に残る☺️ 食事を共にすることは性欲に繋がり最後は睡眠となる。食事は重要だよね

1