1. まとめトップ
  2. 雑学

米の調査で判明!セクハラをする人間は○○スキルが低い?!

一部の人間とはいえ、なかなかなくならないセクハラ問題。セクハラする男性の心理と特徴とは?

更新日: 2014年06月23日

mahalo_greenさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
108 お気に入り 131637 view
お気に入り追加

東京都議会は小学生たちの集まりなのか。人の話を最後までちゃんと聞かずに野次を飛ばす。

セクシャルハラスメントの意味がわからない子供であっても許してはいけない言葉の暴力が、議会の場で公然と行われ、その後は「誰が言ったかわかりません」とシラを切る。

都議会の一般質問でセクハラやじを受け涙する塩村文夏議員(撮影・三須一紀)

小学生のような子どもっぽい行動だが、大人になってもこの症状を抱えている男性はたくさんいる。

◆セクハラする男性の心理

セクハラ行為を行う男性の心理には、「女はかくあるべき」「女とはこういうものだ」という性差別意識の呪縛にとらわれた上で「男と女は違う」「男はいいが、女はダメ」というダブルスタンダードに支えられる構造があります。

『自分よりも下の人間だから自分には歯向かってこないだろう』こういった謎の自信から、セクハラは行われるのです。

◆セクハラする男性の特徴

セクハラというのは、相手の気持ちやその場の空気を読めない人がやりがちなこと。

よくセクハラはコミュニケーションの一手段だ、というような弁解をする人がいますが、それは相手がどう感じ、どう思うかについて全く洞察を欠いていることに気が付かない人だということなのでしょう。

<海外の調査では…?>

米サウスダコタ大学の心理学者ウィリアム・シュエインル氏が、80人の男性を対象に、読心スキルを調査するテストとセクハラ傾向テストの両方を行い、結果の相関関係を調べました。

読心スキルは、80人の被験者に女性視点のムービーを見せ、シーンごとに“この時、この女性はどのような気持ちか?”という質問をして、その回答を採点したものです。

結果、女性の気持ちを正しく理解していない人ほど、セクハラを犯す傾向が高いことが判明したのです

◆いまだに『職場の女性』に慣れないオジさんたち…

日本は過去の男性優位な社会から、男女が平等な権利を持つ社会にシフトしました。しかし過去のあやまった考え方を持った人々が完全にいなくなったわけではありません。

「40代以上のサラリーマンは、過去に職場に女性が少なかった時代を過ごしているため、職場で女性への接し方がわからない」のだそうです。

そこで、コミュニケーションを知っている「娘」、「妻」、「飲み屋の女将さん」の3タイプの女性と同じように、会社の女性に接してしまうので、セクハラに思われてしまいがちなんだそうです。

※「昔は…」というオジさんは要注意!

セクハラ問題を取り上げると、男性の中には「昔はもっとおおらかだった」という意見が出て来ます。ちなみに、こういう意見を言う人は結構「セクハラをしている」人だったりします。

◆セクハラする人間にならないために…自問してみてほしいこと

1





mahalo_greenさん



  • 話題の動画をまとめよう