2009年5月2日午後0時20分頃、愛知県蟹江町蟹江本町の民家で家主の次男(当時26歳)が1階和室で倒れて死亡し、三男(当時25歳)が手を縛られて首に怪我を負っているのを、警察官が発見。翌5月3日に母親(当時57歳)の他殺体が発見された。
司法解剖の結果、2人の殺害時刻を5月1日午後9~10時頃としている。
生存した三男によると同日午前2時ごろに帰宅し、靴を脱いでいる時に背後から強い衝撃を受け、男ともみ合ううちに手を縛られ気を失ったと語っている。三男は自分を襲った人間について「外国人のようなイントネーションの日本語を話していた」と話しているが、顔については覚えていないと語っている。
その後の捜査から、犯人が被害者家に長期間滞在しており家人が用意していた食事を食べた形跡や血のついた自分の衣類を洗濯機で洗った形跡があること、飼い猫まで惨殺する手口など不可解な行動が明らかになっている。
犯人が捨てていった血のついたパーカーが遺留品として公開されている。サイズはLLサイズで全国で2003年から2004年にかけて、約450点販売されており、洗濯をせずに長期間着ていた可能性がある。家の1階廊下で見つかった母親殺害の凶器とされるスパナは国内で約3000本が流通しているが、工場に納入されるもので小売店で扱っていない物であった。

2009年12月9日に捜査特別報奨金制度に指定された。

http://ja.yourpedia.org/wiki/%E6%84%9B%E7%9F%A5%E7%9C%8C%E8%9F%B9%E6%B1%9F%E7%94%BA%E6%AF%8D%E5%AD%903%E4%BA%BA%E6%AE%BA%E5%82%B7%E4%BA%8B%E4%BB%B6

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

愛知県蟹江町母子3人殺傷事件とは【林振華】

愛知県蟹江町母子3人殺傷事件(あいちけんかにえちょうぼしさんにんさっしょうじけん)とは2009年5月に発生した殺人事件。

このまとめを見る