1. まとめトップ

【英語】第五文型を完全にマスターする~Let it go♪~

第五文型をマスターすると英会話でもぐっと表現の幅が広がります。知覚動詞や使役動詞なども第五文型です。文法ルールを整理して覚えれば難しいことはありません。Let it go.の本当の使い方も意味も理解できます。

更新日: 2017年09月07日

38 お気に入り 18020 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■Cが名詞をとる動詞

appoint / choose / elect / declare など
Cの位置に役職や職歴が入る場合the managerとはせず、無冠詞となりmanagerだけにする。

They appointed Mr. Tanaka manager.

田中氏をマネージャーに任命した。

They elected him chairman of the committee.

彼を議長に選出した。

Mr. White declared her story false.

ホワイト氏は彼女の話はウソだと断定した。

All his friends call him bill.

全ての友人が彼をビルと呼ぶ。

They named their baby Thomas.

彼らは子どもをトーマスと名づけた。

■Cが形容詞をとる動詞

keep / drive(動因する、駆り立てるの意味で) / leave / set /

Keep them fresh.

それらを新鮮に保ってください。

Her son's death drove her mad.

彼女の息子の死が彼女を狂わせた。

I left the engine running.

エンジンをかけっぱなしにしておいた。

His speech set me thinking about the future.

彼のスピーチは将来について考えさせる。

■知覚動詞

feel / see / hear のような知覚を伴う動詞のこと。Cの位置に原型不定詞、現在分詞、過去分詞をとる。

I heard my name called.

私の名が呼ばれるのが聞こえた。
「nameがcallされる」という受身の関係になっている。

Then I heard the door shut.

そのとき、ドアがしまるのを聞いた。
shutは原型不定詞も過去分詞も同じかたちなのでこの文は原型不定詞なのか、過去分詞なのかはわからない。もし、原型不定詞だと考えるのならば
「ドアが(ひとりでに)しまった」と考え
過去分詞だと考えるなら
「ドアが(誰かに)閉められた」と考える。

Cが原型不定詞か現在分詞かの違いは次のような違いがある。
原型不定詞の場合、
I saw her cross the street.
彼女が道路を渡りきるのをみた(完了)

現在分詞の場合
I saw her crossing the street.
彼女が道路を渡っているのをみた(進行中)

I saw Bob enter the building.

ボブがビルに入ったのをみた。

We were watching the procession go by.

行列が通りすぎたのをみた。

She felt her heart beating wildly.

彼女の心臓が激しく打つのを感じた。

We saw her walking alone along the street.

彼女が通りを一人で歩いているのをみた。

原型不定詞の文を受身にする場合はtoを追加しなければならない。大学受験の問題で時々出るので注意。

They heard him come.

彼らはかれが来るのを聞いた。

これを受身の文になおすと・・・・・

☆He was heard to come.

彼は来るのを聞かれた。
知覚動詞の文で原型不定詞の場合、受身の文になると原型不定詞のところはto 不定詞に変化します。

We could hear the girl singing in the bathroom.

彼女が風呂で歌っているのを聞くことができた。

1 2 3