出典 ameblo.jp

過酷な減量により死亡

矢吹丈のライバル。
本来のウェルター級の66kgからフェザー級の57kgまで体重を絞っていた力石だったが、ジョーとリングで戦うため過酷な減量を行い、バンタム級の53kgまで減量をする。

そしてジョーとの因縁の試合に臨んだ力石だが、
壮絶な戦いの末に勝利を得たものの、試合終了直後にリング禍により息を引き取った。

作画担当の「ちばてつや」が、
ボクシングをよく理解せずに力石徹をジョーより大柄に描いてしまったため、設定の都合で力石徹に減量が必要になってしまい、このストーリーが生まれたという。

この情報が含まれているまとめはこちら

悲惨な死に方をしたアニメ、漫画、ゲームの登場人物

アニメ、漫画、ゲームなどで悲惨な死に方、酷い死に方、可哀想な死に方などキャラクターの最期をまとめました。【暇なときに随時更新 】本編のネタバレあり、閲覧注意

このまとめを見る