1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

ガソリン高騰の今こそ?燃費を効果的に向上させる8つの対策

増税後もガソリン価格が上昇し続けています。しかし、少しでも節約し、燃費を向上させるためには、ちょっとした工夫が必要になります。どのような対策が必要でしょうか?

更新日: 2014年06月23日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
123 お気に入り 58856 view
お気に入り追加

●増税後もガソリン価格が高騰している?

石油価格高騰で、ガソリン代も値上がりしています。それに伴い、今まで、満タンにいれていたガソリンをいくらか減らして給油している方もいらっしゃるかもしれません

さらに地球温暖化など環境への配慮からCO2を削減する流れがさらに加速する状況からも、ガソリンスタンドで販売される値段が以前のように安い価格になるとは考えにくいです。

毎月の自動車の燃料代が家計にも大きくのしかかって来ているのが現状です。

何気なく繰り返している運転の動作も、少し気をつけるだけで燃費の向上につながります。

●ガソリン代を節約させるちょっとしたコツ

1.5秒以上の停止はアイドリングストップの方が良い

車のエンジン始動で消費されるガソリンの量は、停車中のアイドリング5秒間に相当すると言われています。

つまり、信号待ちなどで5秒間以上停車する場合は、一旦エンジンを切ってアイドリングストップをした方が、ガソリンを節約できることになります。

2.発進時はクリープ現象を利用する

発進の時って結構ガソリンを消費します。そこで、クリープ現象を利用します。

クリープ現象によって車が動き出してから、ソローっとアクセルを踏んでいきましょう。

発進の際は、ブレーキからアクセルへ、一呼吸おく感じで足を移します。5秒間かけて20kmほどの速度まで加速するくらいのイメージで、ゆっくりと進み出します。

3.荷物を積み過ぎない

よく物置がわりに季節はずれのキャンプ用品やゴルフバックなどをトランクに入れて、そのままドライブに行く人がいますが、これはNG。

余計な荷物は面倒がらずに、降ろすようにしましょう。

4.ガソリンを満タンにしない

車は重ければ重いほど燃費が悪くなります。ガソリンの量を必要最小限に抑えて走行するようにしましょう。

5.タイヤの空気圧を適正値にする

タイヤの空気圧が適正な水準より約4分の1減った状態で走ると、燃費は4~8%悪くなると言われるほど、クルマの空気圧は燃費と深い関係があります。

タイヤの空気は放っておくと少しずつ減っていきます。月に1回は空気圧のチェックをしましょう。

6.エアコンの使い方に気をつける

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。