Swiftにも他の言語と同じく for 文があります。まずは、基本の使い方から。for から波括弧の間を括弧で囲う必要はありません ( 囲っても問題ありません )。また、for 文の中で変数を複数宣言することもできます。

  for ( var i = 0, n = 10 ; i < n ; i++ ) {
   println( i ) // 0 ,1 , 2 , 3 , 4 , 5 , 6 , 7 , 8 , 9
  }

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

のんびりSwift : 繰り返し for 文 #1 : 基礎

AppleがObjective-Cの後継プログラミング言語として送り出したSwiftについて、ステップバイステップで勉強できるプログラミング講座。関連するリンクのまとめも行っていきます。

このまとめを見る