1. まとめトップ

サバゲーカメラ BULLET HD3 miniはcool【GoPro HERO4は?】

電車広告で話題のウェアラブルカメラ。GoPro、パナソニック、contour、JVCとシルバークリエーションのBULLET HD3 mini(サバゲ弾丸型ボディ)との比較レビュー。HERO3+のblack、silver、whiteやhx-a100、500の動画画質の違い。amazon、楽天の価格など

更新日: 2014年10月03日

6 お気に入り 45879 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

james0428さん

そのサイズは、なんと30mm × 30mm × 50mm!弾丸型円筒形なので、角がない分さらに小さく感じる。
金属製の弾丸ボディーは超クールで、撮影時の空気抵抗も気にならない。
サバゲーにもピッタリ。しかも本体そのものが防水仕様だ。
付属品も豊富でアクセサリの買い足しがいらない。
日本国内での販売価格も魅力だ。

こ、これは?GoProか?

弾丸型でかっこいい、全く新しいウェアラブルカメラ。

これがBULLET HD3 miniの海外サイト

BULLET HD3 miniのスペックや日本国内での情報

動画は1,920×1,080/30fps、1,280×720p/60fps

このサイズでフルHD撮影が可能。30fpsなので、GoPro HERO3 White editionと同程度の動画撮影スペック。プロユースでないウェアラブルカメラとしては充分。

【他の2万円価格帯ウェアラブルカメラの動画スペック】
GoPro HERO3 White エディション:フルHD30fps
sony HDR-AS30V:フルHD60fps
JVC ADIXXION GC-XA2:フルHD60fps
パナソニック HX-A100:フルHD60fps
ContourROAM2:フルHD30fps

500万画素静止画撮影

一応それなりの静止画撮影も可能。GoPro HERO3 whiteエディションと同スペック。これもウェアラブルカメラとしては合格だ。

【他の2万円価格帯ウェアラブルカメラの静止画スペック】
GoPro HERO3 White エディション:500万画素
sony HDR-AS30V:1190万画素
JVC ADIXXION GC-XA2:1592万画素
パナソニック HX-A100:280万画素
ContourROAM2:500万画素

10mの防水機能

本体そのものに防水性能があるのが強み。ほかのウェアラブルカメラで本体に防水性能があるのはJVCのADIXXIONシリーズとcontourくらいだが、それでも5m防水(contourは1m)なので、BULLET HD3 miniの方が優れている。
(GoPro、sonyのアクションカム、パナソニックのウェアラブルカメラにはこういった機能はない)

視野角160度

ウェアラブルカメラとしてそれなりに広い視野角をもっています。これくらいの視野角なら、はじがあまり歪まずにきれいに撮れる。

【他の2万円価格帯ウェアラブルカメラの撮影視野角】
GoPro HERO3 White エディション:170度
sony HDR-AS30V:170度
JVC ADIXXION GC-XA2:137度
パナソニック HX-A100:160度
ContourROAM2:125度

サイズは直径3cm、長さは5cm。

弾丸型で直径30mmということは、寸法は30mm × 30mm × 50mm。これは最小ウェアラブルカメラといって間違いない。しかも弾丸型なので、スポーツシーンで邪魔にならないのが便利そう。

【他の2万円価格帯ウェアラブルカメラのサイズ】
GoPro HERO3 White エディション:59mm × 40.5mm ×30 mm
sony HDR-AS30V:24.5mm x 47.0mm x 82.0mm
JVC ADIXXION GC-XA2:74mm × 53mm × 35mm
パナソニック HX-A100:26mm × 26.5mm × 66mm(本体別)
ContourROAM2:55mm × 34mm × 100mm

本体重量は84g

GoProがカメラ本体74gなので、10gだけ重いですね。でもGoProはハウジングが62gなので、BULLET HD3 miniが10m防水で84gなことを考えると、使い方によってはBULLET HD3 miniの方が使いやすそう。しかも金属製ボディでこの軽さは驚異的だ。

【他の2万円価格帯ウェアラブルカメラの重量】
GoPro HERO3 White エディション:64g
sony HDR-AS30V:65g
JVC ADIXXION GC-XA2:135g
パナソニック HX-A100:30g(本体別)
ContourROAM2:145g

3秒毎に静止画を自動撮影するモードも用意する。マイクも内蔵。連続撮影時間は約75分~90分。

このサイズのボディーに収まるバッテリーで90分連続撮影ができれば充分かと。

記録メディアは32GBまでのmicroSDに対応。ミニUSB端子も備えている。

こちらも充分なスペック

BULLET HD3 miniは付属品も豊富

カムコーダーマウント、ロールバーマウント、ユニバーサルマウント、粘着シール×2、防水キャップ、リチウム電池、ハンドストラップ、USBケーブル、Oリング×6、グリス
グリスまで付属しているウェアラブルカメラは今までなかったのでは?

弾丸型はクールに装着できる。サバゲにもピッタリなウェアラブルカメラだ。

BULLET HD3 miniはどんな人におすすめ?

・初めてウェアラブルカメラを使う
・気軽にウェアラブルカメラを楽しみたい
・既に使用しているカメラのサブカメラに
・ウェアラブルカメラのデザインにもこだわりたい
・サバイバルゲームで使用したい

気になるBULLET HD3 miniの国内販売価格は?

価格12,778円 (税込 13,800 円) 送料込

定価109.99ポンド(19,460円)の商品が日本国内では税込み13,800円という驚きの価格!しかもレビューを書くとMicroSDカード32ギガ(1600円相当)がついてくるというダブルの驚き!

【他の2万円価格帯ウェアラブルカメラの最安値(2014年6月24日調べ)】
GoPro HERO3 White エディション:24,408円
sony HDR-AS30V:23,920円
JVC ADIXXION GC-XA2:22,097円
パナソニック HX-A100:17,860円
ContourROAM2:23,760円

BULLET HD3 miniに関して、こちらも併せて読みたい

1 2