1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Taylor14さん

サメット島

バンコクから一番近いリゾートアイランド

サメット島へのアクセス
島内に空港はないため、バンコクから車とボートを使っての移動となります。バンコクのエカマイバスバーミナルからバンペー行きのエアコンバス(1.5時間おきに出ています)で、約3時間。タクシーを使っても1800バーツ(約5040円)前後で行くことができます。バンペーからボートに乗り換えて約30分。サメットリゾートグループのホテルに宿泊する人は、バンペーにある専用ボート乗り場からスピードボートの利用が可能。所要時間は約10分。

サメット島の代表的なビーチ
一番有名なのはサイケーオビーチですが、船着き場もあり人の往来が激しいためビーチはそれほどきれいではないので、おすすめできません。

■パイビーチ、タプティムビーチ
ゲストハウスに滞在するなら隣り合わせになっているこの2つのビーチがおすすめ。海の透明度も高く岩場に行けばシュノーケリングが楽しめます。また、値段が手頃なレストランやインターネットカフェなどもあり、節約派には嬉しいビーチです。

■ウォンドゥアンビーチ
タイ人に人気のビーチ。ここを拠点に徒歩でいくつかのビーチに足を延ばすことも可能です。夕食時には、砂浜ににテーブルが並びテーブルの上にランプがともって、波の音と潮風を感じながら食事が楽しめます。

■プラオビーチ
サメットリゾートグループの高級ホテル(4つ星クラス)が2軒並ぶビーチです。基本的にはホテルに宿泊しているゲストしか利用できないプライベートビーチなのでとても静か。セキュリティも厳しく、モノ売りは立ち入り禁止、バイクやバギーもビーチの手前までしか乗り入れることができません。サメットで一番落ち着いた雰囲気のビーチと言えます。

サムイ島

温かいけどサムイ島

[バンコク→サムイ空港]
 バンコク→サムイ島は、バンコクエアウェイズが1時間毎15便程度運行。
 飛行時間=約1時間

バンコクから陸路でサムイ島
[バス]
バンコクのカオサン発の夜行バスでサムイ島に来ることができます。
バンコク→スラタニ乗継→ドンサック港→サムイ島というジョイント。
このチケットの妙なところは「タイ人が買ったほうが高い」ということ。外国人からは「隙があれば貴重品を盗む」という悪評が高いバス。

南バスターミナルからは国営バスで「サムイ島直行」があります。「999」と呼ばれるまともなバスですが、いつもタイ人でいっぱい。 夜行バスに乗る場合、夕方4時前にはターミナルに行って、指定席を買うこと。夜になってから行っても、怪しいバスしか席が残っていませんよ。

[列車]
夜行寝台でバンコク→スラタニ。バスとフェリーでサムイ島。
列車の旅はいいものですが、年間を通して、いつも予約でいっぱい。
1週間前には直接駅に行って、列車のチケットを買ったほうが安心。
バンコクに1週間以上滞在してからサムイ島に来るなら、よい方法。

サムイ島の人気のビーチ(滞在エリア)は東海岸に集中しています。

サムイ島の人気のビーチ、人気の滞在エリアは、チャウエンビーチ、ラマイビーチ、チョンモンビーチの順です。西海岸ではタリン・ンガムがサンセットビーチと呼ばれる人気のビーチ。
近年、北部のボプットビーチ、メナムビーチも、ホテルが増えています。

ラン島

バンコクから日帰り旅行も可能な離島!

ラン島への行き方
まずはバンコク東バスターミナル(エカマイ)からパタヤへ向かいますバスで2時間程。バスは5時~20時を30分間隔で走行しています。運賃は片道150バーツほど。
パタヤのバスターミナル到着後はソンテウで港まで、港からフェリーに40分ほど揺られればラン島到着!

代表的なビーチ

ターウェンビーチは、船着き場から一番近くて大きいビーチ。観光客も一番いるビーチです。そのためトイレ・シャワー・海の家といった設備が整っていますが、物売りも多く、それが煩わしい時もあります。ナーバーン埠頭から歩いても20分くらいです。

セームビーチやティエンビーチは、ナーバーン埠頭の裏側に当たりますので、観光客が少なくその分ゆっくり出来ます。この二つのビーチは近いので徒歩で行き来が出来ます。ティエンビーチの海岸線がとっても美しいです。小さいですが、透明度もバツグンです!

ナウルビーチは、桟橋から一番遠く、ダイビングスポットでもあります。ツアーでは滅多に訪れないので、観光客もかなり少ないです。隠れ家的ビーチです。海の家もあります。

ピピ島

1 2 3